WYVERN01.pngWYVERN02.png
ワイバーン 【WYVERN】
※画像は左から、ダイナソア、ラストハルマゲドンのワイバーン
0024

「ワイバーン」は比較的多くのファンタジー作品に登場するモンスターで、外見的には小型のドラゴンなのだが、ドラゴンとの大きな違いは前足が無いことである。
ドラゴンのように移動のために空をとぶと言うよりは、常に空を素早く飛び回り、獲物めがけて急降下したりする事が多く、そういったイメージからも「飛竜」という名前がぴったりなモンスターかもしれない。
他にドラゴンとの違いをあげると、まず炎や氷、毒などの”ブレス”を吐かない、そして知能が低く会話能力が無い、さらに性格が凶暴ときているので、ドラゴンと違って出会ってしまったらまず戦闘は避けられないだろう。

牙や尻尾、足の爪などが主な攻撃方法だが、ワイバーンはその牙に毒をもっているため噛み付かれた場合には注意が必要である。ちなみにこの特性は、ワイバーンが毒蛇【Viper】から派生して誕生した生物だからという説もある。

余談になるが、ドラゴンから前足を取ったような姿がワイバーンと最初に説明したが、そのワイバーンからさらに後ろ足もとってしまったような姿のモンスターも存在する。それが、ワイアーム【WYRM】である。
ワイアームはもはや蛇に翼をつけた姿といったほうが近いかもしれないが、蛇と違い這いながら移動するなどということはなく、ワイバーン以上に常に空中を飛んでおり、空中から牙や尻尾で攻撃してくる。
ちなみにワイアームはもともとワーム【Worm】という大蛇を表す言葉から派生したものだが、ファンタジー世界においてはワームはイモムシやミミズのような姿のモンスターの名称であることが多い。

参考資料:RPG幻想辞典(早川浩/ソフトバンク)


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ