6e306e7c.png

発売年:1987年
開発元:ジャスト(フェアリーダスト)
ジャンル:アダルトAVG
発売機種:PC-88、FM-7,MSXなど

※本作はR-18のアダルトタイトルです。
 本記事に直接的な性描写画像は載せていませんが、不快に思われる方は閲覧を中止してください。
 また画像には自主的に修正をかけているものがあります。

X028

921080df.png

『くりいむレモン ~STAR TRAP~』は、1987年に「天使たちの午後シリーズ」で有名な「ジャスト」より発売された、コマンド入力式アダルトアドベンチャーゲームです。

タイトルで(変なとこが)ピンときた人は、結構な年齢ではないかと思いますがw タイトルについている「くりいむレモン」とは1984年から発売が開始された「フェアリーダスト」制作のアダルトアニメビデオのシリーズ名で、現在も制作されているアダルトアニメの始祖といわれています。

その中に1985年に発売された「STAR TRAP」という、ぶっちゃけ当時人気のあったアニメ「ダーティペア」のパロディ作品があり、本作はこの作品をゲーム化したものでした。
まあ購入層へ向けての”配慮”なんですかね、キャラクターはパロディ元よりもかなり”ロリ”っとした体型でしたが。

2aa4a021.png

ストーリー内容としては、宇宙警備員の名(迷)コンビ「ラン」と「カナタ」がの宇宙を舞台にした大活躍ドタバタエロコメディという感じで、いかにも80年代ギャグアニメ的なドタバタ走り回って暴れまわって、なんか最終的に万事OK!大解決!って内容です。

システムは先に行ったようにコマンド入力式となっており、基本的には動詞+名詞の形式で入力するのですが、主人公である「ラン」と「かなた」が常に一緒に行動しているため、場合によりどちらに行動させるのかを指示しないといけなくなるんです。
そうなると、名詞+動詞+”かなた(or ラン)”と入力しなければいけないのが面倒でした。

コマンド入力のサポートとして「天使たちの午後」と同じシステムが採用されており、入力時に”*”キーを押すと画面右のコマンド一覧にカーソルが現れるのでそこからコマンド選択することも可能でしたが、一覧に表示されているのは一部のコマンド(特に入力が面倒なもの、多用するもの)だけでしたね。

ed4822e2.png

さて肝心なエッチシーンについてですが、本作には主人公であるランとかなた以外は宇宙警備員の教官(男)しか登場人物がおらず、しかも教官は完全なチョイ役なのでエッチシーンについては全て、
ズーレーですよ、ズーレー(なぜ業界人っぽく?
ランとかなたの絡みしかありません(ちょっと特殊なのもあるけど)。

ゲーム中エッチシーンが発生する箇所は少ないですが、グラフィックの枚数については「天使たちの午後」や「エリカ」と比べても多い方だと思います。ジャストの過去の作品では、当時まだ規制がゆるかったこともあり「モロ出し」な表現もあったのですが、本作では若干配慮されており局所部分には「モザイク」がかけられていましたね。
っていうか、モザイク処理されてるんじゃなくて実際は”モザイクっぽい絵を書いてる”んだけなんでですがw

あ、そうそうジャストといえば忘れちゃいけない。本作も「ジャストサウンド」に対応していて、エッチシーンの随所で音声が発生するだけでなく、対応していないコマンドを入力すると「ゴメンネ(はーと)」と喋ってくれました。

a4dfa679.png

私はこの作品の原作アニメを見たことがないので、このゲームがアニメにどれだけ忠実に作られているのかはわかりませんが、無理に1本のアニメを画像枚数の少ないゲームで再現しようとしたためか、かなり話が飛び飛びというか唐突に状況が変わりすぎて何がどうなったのか、どうすればいいのかが全くつかめない状態によくなりました。

ストーリー展開という部分では「天使たちの午後」や「エリカ」のほうがマトモだったと思います。
またコマンドの回答がアニメを見ていないど解らないものも多く、ヒントもないのでそこで詰まってしまうケースが多々あります。これはゲームをクリアしたければ、アニメも観てね?ということでしょうか?w

それはそうと、本作の主人公達は通常画面で見るとややロリロリしい体つきなんですが、エッチシーンの一部ではなぜか急にアダルティな体型というか等身、あるいは顔つきになっていましたね。これは原作でもそうだったんでしょうか?謎です。

2276b789.png

余談ですが、本作の原作アニメを制作した「フェアリーダスト」は後にゲーム開発も初めており、その際に『くりいむレモン ~STAR TRAP~』を再度ゲーム化(リメイク)しています。

こちらは1996年にPC-98用として発売され、内容についてはストーリーの大筋と、ランとかなたが登場する部分については同じですが、主人公がプレイヤーの分身でランとかなたの上官になったことや、オリジナルの登場人物が増えたり、主人公が男ということもありランとかなた以外の女性との絡みシーンが増えています。

そしてキャラクターデザインが、まさに80年代風から90年代風に大きく変わり、原作アニメの影も形もなくなってしまいました。ちなみにランとかなたの等身もややリアルなものに変わり、おっぱいも増量されています。
おっぱいも増量されています。

しかしこっちが発売された当時、このキャラデザの変更を原作ファンはどう思ったんでしょうね?
リメイク時はこういった問題が非常に難しいですから…。
もし原作ファンだった方がいらしたら教えてください。



↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ