fec0f86b.png


発売年:1989年~
開発元:ドット企画
ジャンル:ディスクマガジン(R-18)
発売機種:MSX2、PC-98など

※本作はR-18のアダルトタイトルです。
 本記事に直接的な性描写画像は載せていませんが、不快に思われる方は閲覧を中止してください。

X009

ーやたらとシリーズが出ていた作品?ー
b24a5234.png

「ピンクソックス」シリーズは「ドット企画」より発売されていたディスクマガジンで、最初はMSX2で発売されていましたが後にPC-98にも移植されていました。

ドット企画といえば「グラムキャッツ」というシリーズも手がけていて、両作品はMSX2でありながら驚くほど美麗なグラフィックで描かれる可愛いキャラクター達(のエッチな画像)が話題になりました。
当時MSX2を持っていた男の子なら絶対気になったタイトルのはずです!(断言

ちなみにこの画像はMSX2版ピンクソックス1のものです、信じられますか?これMSX2なんですよ?

3235bce8.png

ちなみにこちらはPC-98版ピンクソックス4のタイトル画面です(以下の画像は全てPC-98版)。

ゲームに収録されていたのは、オムニバスの短編ADVが大体3本とミニゲームが数本で、どれもすぐ終わってしまう短いものなんですが、それでも内容はなかなかにアレでして(どれ?)、さらにソフトの値段が約3000円ほどという低価格だったこともありかなり「楽しめた」と思います。

a2da08b2.png
本作はシリーズ化しており結構な数が販売されていましたが、その中でのメインコンテンツとしては「ピンクソックスギャル」が毎回交代で日常で起こったちょっとエッチな出来事を題材にしたADVでした。
ピンクソックスギャルは、まなみ、さやか、ゆかの3人で、個人的にはこの画像の中央にいるさやかが好みでした(聞いてない)。ちなみにさやかは「グラムキャッツ」の主人公でもありましたね。

まあADVとしては出来の悪いものでしたが、当時の水準でもかなり高かったグラフィックによるエッチなシーンは「そんなこたぁどーでもいいんだよ!」と思わせるものがありましたねw

1550a20b.png
37a4730c.png

付属しているミニゲームは、毎度いろいろなタイプのゲーム(といってももぐら叩きなどの単純なも)が収録されていて、そのゲームの特典により内容の違うエッチなグラフィックが表示されていました。
ぶっちゃけつまらないゲームが多かったのですが、なんとか高得点を取って、よりエッチなグラフィックを見たい!という健康な男子の「リビドー」を熱く刺激してくれましたw

ちなみに左の画像はまんま「もぐら叩きゲーム」で、右のは上から落ちてくる物体を下にいるキャラにぶつけないようにギリギリでとめる、ただそれだけのゲームです。

5360151e.png

あと、オマケとして各ADVを終わらせると、毎回「どしどしふんどし」という、非常にシュールな4コマ漫画を読むことができました。
ぶっちゃけ、シュールすぎて笑いどころがわかりませんでしたけどねw

みなさんはこの作品覚えてますか?


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ