3027f6b9.png


発売年:1992年
開発元:フェアリーテール
ジャンル:コマンド選択式AVG(R-18)
発売機種:PC-98、X68000、FM-TOWNS、MSX2など

※本作はR-18のアダルトタイトルです。
 本記事に直接的な性描写画像は載せていませんが、不快に思われる方は閲覧を中止してください。
 またグロテスクな表現が苦手・不快と言う方も閲覧を中止してください。

X008

-背筋がゾッとする恐怖-
9765c3d3.png

「狂った果実」は1992年にアダルトゲームメーカーの「フェアリーティル」より発売されたコマンド選択式アドベンチャーゲームで、アダルトゲームという扱いになっていますが、直接的な性的表現(局部描写)などはなく、アダルト面ではソフトな内容になっていました。

しかしその反面、結構残酷な表現が多分に含まれていて、そういった意味での年齢制限だったともいえます。
アダルトゲーム制作会社の作品なのに、エロティックな表現を控えめでグロテスクな表現多めというのは、同年に発売された同社のタイトル 「DEAD OF THE BRAIN 死霊の叫び」と同じであり、その理由も同じところからきていると思われます(詳しくは「DEAD OF THE BRAIN 死霊の叫び」の記事を参照してください)。

9315ae1d.png

* ストーリー

主人公である「狩野 哲」は自身が通う大学の「月島教授」が主宰するガーデニングパーティに出席した。そこでどういう訳か教授の三女「美夏」にえらく気に入られてしまう。
おとなしく気弱で父親以外にはなつかなかった美夏が気に入った男ということで、月島教授は哲に美夏の家庭教師になってほしいと頼む。

fb3ffcdc.png

教授の二女「秋美」は、実は同じ大学に通っている哲の事を秘かに狙っていたのだが、その様子を見て嫉妬から美夏に手を上げてしまう。
美夏から哲を引き離し、自宅である館の二階ベランダで哲と良い雰囲気になる秋美だったが、次の瞬間寄りかかっていたベランダの柵が不自然に外れ、彼女はまっさかさまにガーデニングパーティの会場へ落ちて行く。
そして…。

b877facb.png

* システム

本作はコマンド選択式のADVとなっていますが、この当時のADVにありがちな「ストーリーメインでゲーム性はオマケ」というタイプのものでした。
ただ何度も無意味なコマンドを選択しないと先に進まない、といった正直面倒なだけの部分はかなり少なく、さらにストーリー展開が面白いので、そういう部分も気にならずストレスなく遊べる作品でした。

ちなみにコマンド選択ミスによる「ゲームオーバー」や「ハマり」要素はありません。普通にプレイして行けば(していかなくても?)絶対エンディングまでたどり着けます。
ただし逆に、選択肢によるエンディングや展開の変化もありません。

75828d03.png
487cfd7c.png

*モテ男はつらいよ?

主人公の「狩野 哲」はかなりのモテ男(表現が古い)で、付き合っている「高瀬 成子」という恋人がいるにも関わらず、教授の娘「秋美」や昔の彼女「圭子」だけでなく、はては教授の家のメイド「真紀」とまでもイイ関係になってしまうほどです(一人は未遂だけど)。
そして哲が家庭教師をする事になった「美夏」は、まだ10歳だというのに中学で習うような数学までできる賢い少女で、異常なくらい哲になついて、哲の前では笑顔になり口数も多いのですが、父親と哲以外の人間(特に女性)とはまったく口を利かないという不思議な少女です。

しかし哲が美夏と出遭って以降、哲とイイ仲になった女性はことごとく何者かによって殺されていくのです。
そしてそれと時を同じくして、哲の友人である「大門」が突然姿を消してしまいます。

果たして、この一連の事件は繋がっているのでしょうか?
美夏と出遭った事がなにか関係するのでしょうか?

href="http://livedoor.blogimg.jp/towerofretrogame/imgs/7/d/7d0ff899.png" title="7d0ff899.png" target="_blank"> 7d0ff899.png

* 濡れ場もあるよ?

一応「アダルトゲーム」となっている事もあり、本作にはそれなりに「濡れ場」も存在します。
とはいえ一般的に販売されているアダルトゲームに比べたらソフトな「昼ドラ」程度の濡れ場で、直接的な描写画像はありませんでした。アダルトゲームなのにね。

これには事情があり、当時フェアリーティルが巻き込まれたいわゆる「沙織事件」によって、フェアリーティルが色んなところから目をつけられていた事に理由があるようです。
本作は当初もっとアダルティな表現を盛り込んだ作品になるはずでしたが、この事により過激な表現を抑える必要に迫られ、濡れ場について「局部は描かない」「濡れ場に男を描かない」という対処を施す結果になってしまいました。
勿体無いね。

d5ad891e.png

* 名作サスペンス?

この作品は発売当時私も持ってました(TOWNS版だったかな?)。
でもすぐ解き終わっちゃって正直物足りなさは感じたのですが、「損をした」とは思いませんでした。

ストーリーが完璧とは言いませんが「良い出来」と言っていいレベルのもので、ぶっちゃけて言うと最初は「エロ目的」という面も大いにあったのですが、いつの間にかそんな事は忘れて話に没頭していたのを覚えています。
これでもっとエロや話の選択肢による展開が多かったら、あのエルフ作品に並び称されるような作品になったんじゃないか?(言い過ぎ?)とも思います。

ただ残念なのはキャラクターデザインがちょっとね。あまり書き分け(特に女性)ができていないのと、美夏以外の女性のキャラが弱いと感じた部分はあります。
でもなかなかの名作だったと思います。


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ