a78f3bf8.png


発売年:1989年
開発元:ガイナックス
ジャンル:クイズADV(R-18)
発売機種:PC-88、PC-98、MSX2など

※本作はアダルトタイトルではありませんが、やや性的表現のあるコンテンツです。
 本記事に過激なな性描写画像は載せていませんが、不快に思われる方は閲覧を中止してください。

X004

「電脳学園」は1989年に「エヴァンゲリオン」「不思議の海のナディア」などを制作したアニメ制作会社として有名な「ガイナックス」から発売されたクイズADVである。
ちなみにアダルトタイトルでは無い。まあそれが後々問題になるんですけどね。
b41c096b.png

* ストーリー?
細けぇこたぁどーてもいいんだよ!そんな事よりエロ画(ry
とまあ健康な男子の言い分は置いといて、ストーリーをw

とはいえ大したストーリーじゃないです、主人公は電脳学園の生徒となって3人の講師(といっても生徒)の試験(クイズ)に合格し「電脳博士号」の学位認定を受ける。というものでした。

11aa01f5.png

* システム
クイズADVなんて言いましたが「ADVパート」なんてあってないようなもので、移動できる範囲をぐるっと一周してそれぞれの場所で全員と話すを実行すれば、特定の場所に講師である生徒が現れてクイズパートへ移行します。

もしこれが通常のADVゲームとしてだったら「酷いシステム」だと文句を言う所ですが、まあこれを買う人の目的は主に「アッチ」だし、変に凝ってて色々やらされるよりはすぐ「アッチ」にたどり着けるのである意味「良心的」かもしれませんねw

293438b2.png

こちらがクイズパートです。
出題される問題に対して「YES」か「NO」で答える2択式なのでかなり楽ではあるのですが、クイズの内容がかなり「オタク」な内容(結構ディープ)で、アニメ・漫画・特撮・ゲーム・パソコン・映画、はてはミリタリーなんてジャンルからも出題されます。

講師から出題される問題25問の正解率が80%以上だと1ラウンドクリアになり、講師1人につき4ラウンドくりあすると「合格」ということになります。
アニメの問題でやたらと「ジブリ」に関する問題が多いのは、庵野監督つながりですかね(考え過ぎ?)。

4025aaa2.png
361e9f6b.png

最初の講師はインドア派な感じの「芹沢 博子」です。
講師達はプレイヤーが1ラウンドクリアするたびに何故か(永遠の謎)服を脱いでいきます。そして最終的には全裸になる訳です。
ちなみに脱がせた後でカーソルでタッチなんかもできました。1回だけですけど(怒

e38ee083.png

2人目の講師は活発な感じの新体操部「万城目 ユリ」です。
もうお気づきかもしれませんが、このゲームのキャラクターデザインをしているのは、同じくガイナックスのパソコンゲームとして有名な「プリンセスメーカー」の赤井孝美氏です。
(このゲームの監督と脚本も同氏)

47230722.png

3人目の講師は清楚なお嬢様風の水泳部員「神宮寺 静」。

今まで登場した3人の講師の「名前」についてピン!と来た人は、かなりの特撮通じゃないでしょうか?
「芹沢 博子」=「芹沢大助博士」(初代「ゴジラ」より)
「万城目 ユリ」=「万城目淳」(「ウルトラQ」より。ユリは「江戸川由利子」からか?)
「神宮寺 静」=「神宮司八郎大佐」(「海底軍艦」より)
すべて昔の特撮映画・ドラマに登場する名キャラクターからとったものではないかと思われます。
特撮大好きなガイナックスらしいですね。

dc92dad3.png

* 有害図書指定
本作は1992年に宮崎県より「有害図書指定」されました。大きな理由としては全裸になった女性達の「ヘア」部分が描かれていたからと言われています。
実際確認しましたが、確かに「万城目 ユリ」と「神宮寺 静」については、全裸になった際に「ヘア」の描写がありました。

ガイナックスはこれに反発し、この判断が不当であるという旨の広告をパソコン雑誌に掲載したり(これは当時私も観た覚えがあります)、宮崎地方裁判所に指定取り消しを求めて提訴を行ったりしましたが、結局ガイナックス側が敗訴しました。

実際に「ヘア問題」が理由なのかは解りませんが、1991年には当時人気絶頂だった「宮沢りえ」がヘアヌード写真集を出した事で爆発的にヘアヌード写真集が発売され、「ヘア」についての規制はずいぶんゆるくなっていたんですけどね。逆に言えばゆるくなった規制に対しての「みせしめ」にされたんじゃないかって気もします。

クリア済


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ