954616b7.png


発売年:1990年
開発元:ガイナックス
ジャンル:クイズADV(R-18)
発売機種:PC-88、PC-98、MSX2など

※本作はアダルトタイトルではありませんが、やや性的表現のあるコンテンツです。
 本記事に過激なな性描写画像は載せていませんが、不快に思われる方は閲覧を中止してください。

X006

「電脳学園Ⅲ トップをねらえ!」は、ガイナックスから発売されていた18禁のクイズゲームで、同メーカーのOVA「トップをねらえ!」を舞台にしたものとなっていました。
しかも驚いた事に本作は、監督に庵野秀明、作画に窪岡俊之という原作アニメ本編のスタッフがそのまま関わっていたため、よくある「それっぽい絵」ではなく、アニメそのまんまの「本物」の絵で「アレ」なシーンが見れると話題になりましたね。。

78c63b06.png

ストーリーのほうは、銀河をつなぐ「宇宙の紐」が切断の危機にある。ただちにこれを修復すべく「グレートガンバスター」の出動が決まった。
そしてグレートガンバスターのパイロットを決める為、ユング、カズミ、ノリコ、そして主人公がクイズ対決をすることとなった。
まあそんな感じです、登場人物は主人公以外原作のままですが、スミスは死んでいるのに、リンダは生き残っていたり、キミコやカジワラさんがなぜかエクセリヲンに乗っていたりと、原作と若干ちがう部分もあります。

13a689cf.png

* システム
ゲームはADVパート(と言っても簡素なもの)で戦艦「エクセリヲン」の中を歩き回りながら、アニメの登場人物たちと会話を進めていき、ターゲットと出遭うとクイズ対決になります。
この辺は先日紹介した「電脳学園」「電脳学園Ⅱ」と同じですね。

ちなみにこの子が「リンダ・ヤマモト」、左のジャイロがいかれちゃって…で有名ですね(何がw

6b595ea7.png

こちらがクイズ画面です。これも今までの作品とはデザインが違うだけでやる事は同じです。
クイズは例によってYes/Noの2択ですが、今回は結構幅広いジャンルから出題されるので難しかったです。
出題ジャンルは対戦するキャラクターにちなんだものが多いようですね。
25問中正解が80%以上だと1ラウンドクリアになり、4ラウンドクリアで勝利となります。

dda83a16.png

e113ed45.png

最初に対戦するのは「天才」ユング・フロイトです。
出題内容はロシアに関する事が多めです。
勝負に負けた時の捨て台詞「クイズに勝っても、北方領土は返さないわよ!」は「いいのかこれ?」と思ってしまいました。

b09bb01f.png

2人目は「薔薇の女王様」アマノ・カズミです。
科学や宇宙に関する問題が多めでした。

ふと思ったんですが、このカズミの服装エヴァのミサトさんの服装にちょっと似てませんか?
ちなみにこのゲームが発売されたのは、エヴァがTV放送される5年前です。

d65e0822.png

そして最後に戦うのは「全滅娘(こら!)」ことタカヤ・ノリコです。
彼女はオタクなので、出題されるジャンルも特撮・アニメ系でした。

しっかし今見てもクオリティ高いグラフィックだなあ。ガイナックスがグラフィックレベルの低い、いわゆるエロゲー業界に一石を投じるつもりで「電脳学園」を作ったっていうのが伝わってきますね。
キャラクターも原作からぶれてないし、オリジナルそのままの絵であんなことや、こんな事が…。

…オホン。

9218861f.png

私はこの世の中で「名作」と呼べるアニメをあげろと聞かれたら、確実に「トップをねらえ!」をあげるほどのファンなので、これが発売された頃には
「よく自社の名作アニメをこんな風にして汚せるなあ!」
と憤慨したものですが(でも買ったけどw)、よくよく考えたらOVAの中でもこの人達さんざんっぱら
乳も尻も
見せまくってたわw、と納得してしまった記憶があります。

少し前にエヴァの脱衣麻雀ゲームが出て、ファンの間に大変物議をかもしだしましたが、
「貴様らの居る場所は既に、
 我々が二十年前に通過した場所だッッッ!!!」

って感じでしたねw


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ