f6130839.png

PC88版「エルドラド伝奇」のプレイ日記です。
>> ゲーム紹介記事へ

※ネタバレを多少含みます。閲覧には注意してください。


>> 前回へ

3cf778c2.png

さて「エルドラド伝奇」を振り返ってみるコーナーも、いよいよ今回で最終回です。
前回ついに「ホシコ」を助け出し、そのあと受けたエイダの導きによりエルドラドの入り口があるという川のほとりにやってきました。

しかしどこにも入り口らしきものは見当たらない。
なんか怪しげな影は2つほど見えるんだけど…。

8b1e2d82.png

影のうち一つは、なんともかわいらしいピンク色のイルカでした。
「ピンク色のイルカって、どんだけメルヘンやねん!」と突っ込みたいところですが、実際にアマゾンには淡水で生活する「アマゾンカワイルカ」という種類のイルカがおり、その中に「ピンクイルカ」という本当に淡い桃色をしたイルカが存在するんですよね。

7737450d.png

イルカの話では(話せるのかよw)エルドラドの入り口は川の中にあるのでそうで、イルカがそこまで連れて行ってくれるらしいんだけど…。
そのまえに準備しなければいけないことが2つある。

一つは浦島太郎じゃないんだから「アレ」がないとどうしようもない。そしてもう一つは、川のほとりに見えていたもう一つの影に対する対策。もちろん両方とも現時点では持っていないから、どこかで見つけるしかないね。

その両方に対策を立てて、いざ行かんエルドラドへ!と言いたいところだけど、ここから先はある事情により主人公一人で進まなくてはいけないらしい。ハーレム状態ともしばしのお別れか…(違う

17645781.png

川の中で入り口のようなものが見つかったが、どうやっても扉が開く気配が無い。
そういえば入り口の上にある黄金の像、これは「アキラ」が残したビデオの中にあった像の姿とそっくりだ。ん?でも何かが違うような気がするんだけど。

なんだろうねー?(棒
しかし、このシーン。プレイヤーの意識を確実にあそこに向けておきながら、それだけだと後で「嵌る」っていう恐ろしいトラップが用意されてるんだよね…エルドラド伝奇…恐ろしい子!

fefb9df5.png

さあいよいよエルドラドは目の前。最後の難関ともいえる3つの部屋が主人公を待ち受けていました。
ここでは過去に手にしてきた(ハズ)のヒントについて答える必要があったり、複雑な謎解きをクリアしなければ次の部屋には進めないのです。
まさに秘境冒険もののクライマックスに相応しい展開といえますね。

こらこらそこの君!「壁がふさがってるのに、なんで壁の向こうの様子が見えるんだよ!」なんて無粋なツッコミは無しだぞ!w

77a899c1.png

エルドラドへの最後の門を守るのは、まるでスフィンクスのような石像。
石像は「ある人物」が一緒ならばここを通してやろう、と言ってきます。
ある人物というのは、この石造から聞ける話と今まで集めてきた情報から考えれば、誰かは想像がつくはず。

ある事情により、ここに来るまでの道のりは現在水没してしまっているので、ピンクイルカを利用すれば地上で待っている仲間達をここに連れてくることが出来るのですが「アレ」の残量が残り少ないため誰か一人だけしか地上から連れて来れないそうです。

つまり連れて来る人物を間違ったら「詰み」です。

4ffde63e.png

スフィンクスの門を抜けるとそこには黄金に輝く城がありました。
どうやらここが伝説の地「エルドラド」みたいですね。
「すごいぞ!ラピュタエルドラドは本当にあったんだ! 」

そしてエルドラドで主人公を待っていたのは、不思議なロボット…ではなくて、
a3e588ce.png

エルドラドの女王でした。
そして彼女は主人公に最後の選択を迫ります、このままこの地に残りエルドラドの王として黄金に囲まれて過ごすのか、ホシコとともに日本へ帰ってもとの普通の生活に戻るのか?と。

んなもんハーレムでウハウハできる王様に決まってんだろ!
ホシコ?ああ、お前は一人で日本に帰れ!
おれはここで、この王国の支配者としてエロいねーちゃんに囲まれて一生を暮らすのだ!
(゜∀゜)ハーッハッハッハーーー!!!















eldorado_p409.png
-END-

ソンゴスキー先生の次回作にご期待ください!



↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ