crim2_ttl

※PC88版「クリムゾンII」のプレイ日記です。
※ネタバレを多分に含みます。閲覧には注意してください。 



クリムゾンIIの紹介記事は 》 こちら
前回のプレイ日記は 》 こちら

第四章 おてんば女戦士の冒険
※このタイトルはゲーム正式のものではありません

cri2_p05-01

さて今回は4人目の登場人物「ナターシャ」の物語です。

ナターシャはある日、大勢の人が自分に助けを求めているという不思議な夢を見ます。しかしそれをただの夢ではなく、実際にどこかで起こっている本当の事なのだと思ったナターシャは、この夢の事について自分の剣の師匠に相談しにいくことにします。

しかし、師匠が住んでいる「西の山」には強い怪物が出現するので、ナターシャはまず近くの「ミドレーンの村」へ行って支度を整えることにするのでした。とはいってもナターシャは前回のマーロンとは違い、最初から「鋼の鞭」、「革の盾」、そして100Gを持っているという優遇状態。

これ、別に村に行かなくてもいいんじゃね?

cri2_p05-02

まあ装備はともかく、ゲーム進行の為の情報収集ってのもあるからね?とりあえずミドレーンの村へ向かいます。そしてこのミドレーンの村の武器屋を覗いてみたところ、鉄の斧、鉄のやり、鋼の剣、勇者の剣、樫の木の盾、鎖帷子と今まで見た事もないような強力な装備が揃っていました。

これどう見ても最初に立ち寄る村のラインナップじゃないでしょw この村の人間は戦争でもおっぱじめようって考えでもしてんのか?ってレベルの充実振りです。得に「勇者の剣」、これは名前からしてもう最強クラスでしょう?なんでこんなところに売ってんのさw

とはいえ、値段もとんでもなく高いので当然今は買えません。狙うとしたら320Gの鉄の斧、そして鎖帷子かな?鎖帷子は値段は1200Gと高いけれど、いまナターシャは鎧を装備していないので防御力を大きく引き上げるためにも鎧は買っておかないといかんだろうからね。

おっと忘れちゃいけない、情報収集で得られたのは
・「ノアの塔」には預言者「ノア」が住んでいる
・ノアの塔に行くには「無限の塔」を通らなければならない
・無限の塔には永久に続く廊下がある
・西の山に住む婆さんは昔女戦士だった
こんなところです。ふーむ、最後の話が気になるな…。もしかして師匠の事?

cri2_p05-03

んでもってミドレーンの村の近くで少しレベルを上げてから、西の山に向かってみました。西の山は意外にさくさくと進めたので、なんか町の装備のラインナップ的にもっと苦戦させられるのかと思ったのに肩透かしを食らった感じです。なーんだ、前回に比べたら今回は楽勝だなw

と思ったら大間違いだ!!
西の山大きく下層と上層に分かれていて、下層に出現する敵はミドレーンの村周辺と同じ敵しかいないんですが、上層に上るとそこから途端に敵が強くなっちゃうんです。これが結構キツイ。

敵になかなかダメージが通らないので1戦が長引いてしまって、結果的にこちらも多くのダメージを被ってしまう感じです。これは、鎧を先に購入しようかと思っていたけど、先に強い武器を買ったほうがいいな…。というわけで、下層でレベルを上げつつお金も稼ぎ、鉄の斧を最初に買うことに決めました。

cri2_p05-04

んでもって鉄の斧を購入したのとレベルアップしたのが相まって、レベル6で上層を抜けてナターシャの師匠が住んでいる西の山の頂上までやってきました。本当は鎖帷子を買えるくらいまでお金も溜めようかと思ってたのですが、その前に頂上に着いちゃいましたね。

ナターシャの師匠はお婆ちゃんでした。つまりミドレーンの村の人が「西の山の老婆は、元女戦士」っていっていたのはやっぱりナターシャの師匠の事だったんですね。師匠はナターシャから夢の話を聞くと、それは夢ではなく遥か昔に古代人によって作られた「クリムゾン」という機械の仕業だと言います。

この時点ではまだこの世の中に何が起こっているのかについてはっきり解っていないのに、それをすぐさま「クリムゾンの仕業だ」と見抜くこの人物、南光太郎でなければ一体何者なのか?すると師匠はこう続けます。

「何十年も前にクリムゾンは3人の勇者の手によって滅ぼされたはずじゃった。
 何を隠そう、わしもその勇者の1人じゃった。」


…。

イザベラやったんかいワレ!
まあアーノルドもいたし、「元女戦士」って噂を聞いた時点で予想はしてたけどね。そうなるとやはり、最後には前作の主人公も登場するパターンかな?

cri2_p05-05

という訳でナターシャの師匠「イザベラ」から、「ノアの塔」にいる預言者ノア様に会って今後の行動を教えてもらうようにと言われました。そのまま向かおうかとも思ったんですが、気がつけば鎖帷子が買えるだけゴールドが溜まっていたので一旦ミドレーンの村まで戻って鎖帷子を購入。これで一安心。

この作品の防具には鎧、盾、兜の三種類がありまして、防御力は鎧が一番高く、兜が一番低く設定されています。従って防具をつけていない状態とつけている状態で、防御力の最も差が激しいのも鎧になるわけです。

そんなの当たり前なわけですが、この作品はなぜかその一番効果が高い鎧を持っていない状態でゲームスタートするパターンが多く、しかも基本的にスタート直後に買える値段の鎧が町(村)に用意されていないもんですから、安全に攻略する為にも、何よりまずお金を溜めて鎧を買うことを優先する必要があるみたいですね。

結構珍しいゲームだと思います。はい。
つーわけで、防御力も安定したところでノアの塔に向かおうと思ったのですが、今日はちょっと疲れたのでここまでにしとうございます。 続きは次回。



次回は 》 こちら


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ