9b206364.png

超能力大戦を戦い抜いてみた
~サイキックウォー戦闘記録 【最終報告】~


このゲームの紹介記事は > こちら
第1回の記事は > こちら
前回の記事は > こちら
※PC-88版サイキックウォープレイ日記です。
※本記事はネタバレ要素を含みます。未プレイの方は閲覧に注意してください。


*サイキックウォーを終えてみて…

二度とやるかこんなゲーム!
などと悪態をつきたくなるほどのゲームでした。本当に疲れた…。
いろいろ言いたいことはありますが、この4点についてだけは言わせてください。

① 戦闘がスペースを押し続けること以外、何もできない
 本作の戦闘システムは、敵に遭遇したらスペースキーを押しっぱなしにしてビームを撃つ、基本的にこれのみです。例え強い敵のビームに押し込まれても何もできない。押し返せることを祈りながらスペースキーをただ押し続けるしかないんです。リターンキーを押してシールドで守るということはできますが、守りに入ってしまうと敵のビームに押し込まれた状態からの反撃がかなり厳しくなるのであまり使えません。せめて戦闘中に「逃げる」か「回復」が可能だったらもうちょっと戦えたと思うのですが…。

② LV15以上能力値据え置きの酷さ
 本作でのレベル最大値は20だそうです。しかしキャラクターはLV15から能力値が一切変わりません。据え置きです。最大レベルでカンストするならともかく、なんであと5レベルも残して据え置きにした?しかも、キャラクターはレベル15でストップするのに、対する敵はその後もどんどん強くなっていくんで全然勝てなくなっていくんですよね。そういう状態にしておいて、ラストは脱出ポッドまでノーセーブでやらせるとか酷いってもんじゃない。

③ マップのデザインが酷い
 本作はフィールド的な存在が、ラムサ、イバニーズ、オーバーハイム、フォステックス、アルテック、シェア、セルマーの7箇所しかなく、しかもそれぞれが大体4階層くらいで1階層もそれほど広くはありません。普通のRPGだったら物足りなさを感じるレベルです。しかしそれを補う(誤魔化す?)ためか、本作のマップには通路的なものが少なく、個室が繋がっているような構造が矢鱈と多く迷いやすいうえに、目的地に行くまでに何度もフロアを登ったり降りたりさせられるほか、一度目的をクリアしたフィールドに後でまた戻って来させられるようなことも多くあります。これがホントに辛かった…。

④ パーティの自由度が低い
 本作には主人公の味方になってくれる個性的なサイキックソルジャー達が多く登場します。プレイヤーはその中から自分でメンバーを選んでゲームを進められるのですが、このキャラクターの能力が必須でこいつがいないと先に進めない、こいつを入れないと勝てない、という事が多々あるため結局パーティはほぼお決まりのメンバーになってしまいます。必須だからメンバーに入れて、レベル0の状態から苦労して何時間もかけてレベルを上げたのに、用が済んだらお払い箱にしないといけない。そして新しいメンバーをまたレベル0から上げなおさないといけない…賽の河原の石積みか?


まだまだ言いたいことは山ほどあるんですが、文句ばっかり付けてもアレなんでこの辺にしておきます。
そして悪いところばかり言っても不公平なんで、ちゃんと良かったことも書いておきます。

psycwar_24_11.png
アンドロイド娘ちゃんだけは可愛かった、掛け値なしに。
アンドロイド娘とのニャンニャンの為だけに、俺は頑張った。
それだけは伝えたかったのです。


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ