e144c4c4.png

*記念日までにイース3作品クリアしてみる
>>企画の趣旨(発端)

※ネタバレを含みます、未プレイの方はご注意ください

>> 前回へ

398be84b.png

ボスを倒して地上に戻ってくるとチェスターが待ち構えていました。
さすがのチェスターもこう何度もアドルに妨害されて頭に来たようで、剣を抜いてアドルと戦う構えを見せます。
そこへ割って入ったのが、街へ戻ったはずのエレナでした。

エレナはもう馬鹿なことは辞めるようにとチェスターを説得しますが、チェスターは「この世の中に復讐しなければならないのだ」と言って話を聞こうとしません。そして「お前も忘れたのかあの日のことを」と気になる一言を言います。
つまりチェスターは、”あの日”に起きた出来事への復讐のために動いていて、エレナもその事には関係しているということなのでしょうか?

60af3aeb.png

それでもチェスターはエレナの言葉に気持ちを削がれたのか、アドルと戦うことをやめその場をさりました。
アドルとエレナも一旦街に戻りますが、エレナは街に戻らず途中でどこかに言ってしまいます。
非常に不安ですねw

一方街に戻ったアドルは、どこかに出かけようとしているドギと出会いました。
ドギは昔世話になった”師匠”に会いに「エルダーム山脈」へ行くそうです。
さらに別れ際にドギは、街に戻ってきたエドガーがアドルに会いたがっていたと教えてくれました。

50646910.png

エドガーの家は、この街に来たばかりの時に入った誰もいない家なのですが、中にはいってみると最初に来た時とは違って荒れ果てています。
何があったんでしょうか?泥棒?強盗?

エドガーの話ではこれは泥棒などの仕業ではなく、バレスタイン城の奴らがやったのだろうといいます。
その目的はアドルが手に入れた”彫像”らしく、そいつらはエドガーが彫像を持っているのだろうと思っているようで、こんな手荒なことをしてでも手に入れようとしたみたいです。

4130374c.png

どうやらこの彫像は採石場などにモンスターが現れたことと関係があるようなのですが、バレスタイン城のやつらが彫像を手に入れようとする理由はわかりません。
エドガーはアドルに我々の仲間になって助けてくれないかと頼み、採石場のさらに奥にも彫像があるので、それを手に入れるのを手伝って欲しいと言ってきます。

引き受けることはやぶさかではないのですが、逆にエドガーはなぜバレスタイン城のやつらに彫像が奪われることを気に病んでいるのでしょう?
もしかしたらエドガーは彫像の事についてもっと知ってるんじゃないか?と疑ってしまう気持ちもあります。
ま、タイマーリングもらったからいいけどね!(単純

66b6d5bd.png

採石場向かい、前は開かなかったドアを抜けて、採石場のさらに奥に進みます。
この辺からまた強い敵が出始めるので、レベル上げも兼ねながら探索を続けていると「輝きの水晶」と「プレートアーマー」を見つけました。

ふむ、プレートアーマーは大変助かるけど、この水晶はなんじゃろね?

e722d812.png

さらに探索を続けると、宝箱のまわりに作業員達が集まっていました。
なんでもこの箱がどうやっても開かないのだそうですが、アドルが触れるとあっさり開きます。
その中からは「使命の石版」というものが出てきたのですが、それを取った瞬間、採石場全体を地震のような揺れが襲います。
すると作業員たちは「呪いだ!」と言って逃げ出してしまいました。

かろうじて残ってくれた人に話しを聞くと、この地には「ガルバラン」という魔物が支配していた時代があり、ガルバランは人々を虐殺し苦しめていた。そのとき現れた一人の男がガルバランと死闘の末、彫像を使ってガルバランを封印したという伝説があるのだと言います。
そして、この石版は彫像を持って剣を振るう男の姿が描かれていました。つまり作業員たちは、ガルバランが復活するのではないかという事をと恐れているようです。

cd9f3917.png

ちょっとレベル上げでHPを消耗してしまったので、HPの回復と薬草と補充のため街に戻りました。
すると薬草を売ってくれる店の人がアドルの持っている「輝きの水晶」を見て、それがあれば「プロシアの秘薬」が作れるといいます。

これ以降、この店の商品ラインナップに「プロシアの秘薬」が追加されます。
この薬は体力ではなくリングを回復してくれる薬なので、ボス戦で長期戦になりそうな時は役に立つと思います。
つか材料をもってきてあげたんだから、
1個くらいはタダでくれてもいいんじゃね?w 地味に高いんだよね…

さーて、んじゃ採石場にまた戻るかー。





↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
ブログランキング・にほんブログ村へ