ps1_01

いま「PSO2」にハマっている私が、その原点であるセガマークIII版「ファンタシースター」をプレイしてみた話。

※本記事はネタバレ要素を含みます。
 未プレイの方は閲覧に注意してください。



>> 前回へ

8aa931e5.png

さて前回は、宇宙船の製造を依頼するため「ルベノ博士」という人物を見つけ出したのはよかったんですが、その博士の要求に振り回され、あげくにやっと完成した宇宙船には操縦用の「ロボット」が必要だからさがして来いといわれて切れたところまででしたねw

そんなわけで今回はそのロボット探しでこの星をうろつくことになるのですが、その前にちょっとレベルが低くて戦闘が辛くなってきたのでこの辺(「ガシコの村」近辺)でレベル上げを少しやろうかなと思います。

本作で集中してレベル上げを行う際に、ちょっと覚えておきたいことはこのゲームには「宿屋」という存在がなく、その代わりに「病院」で治療を受けてHPとMPを回復するシステムになっているのですが、その治療費は一律ではなく回復量によって変動するので、ダメージを受けるほどMPを消費しているほど治療費は高くつきます。したがって病院を利用する際は、マジックで可能な限り全員のHPを回復してからMPのみ病院で回復させるのがおススメです。

そうしないと、せっかくレベル上げを集中してやっても、経験値はともかくお金が全然溜まらないので。

1262830c.png

ガシコ村周辺の敵と普通に戦えるようになってきたので、そろそろロボット探しに出かけるとしましょうか。
と、その前にぶっちゃけてしまうとこの先はかなり長い間「回復ポイント」が存在しないので、ペロリーメイトなり、ルオギニンなどの回復アイテムはガッツリ買い込んでおくのが吉でしょう。あと最後に使用した教会まで戻ってこれる「トランカーペット」があると、帰り道が楽になります。
(私はどっちも持たずに進んでしまって苦労したw)

ガシコ村から一旦南に行き、海岸沿いを西に、そして今度は北に進んで溶岩地帯(1歩毎に地味に痛いダメージを受ける)を抜けると、ぼろぼろになった「バルデボ」という村に着きます。この村は家も崩れていて、村人も2人しかいないほぼ廃村と貸した状態で、道具屋どころか病院も無いため休むことも出来ません。

ps1play08_03.png
数少ない村人から、この村の中にあるスクラップの山に「高性能なロボット」が捨てられている。という情報を聞き、廃屋となった家を回りスクラップの山の前で「しらべる」を実行して見ましたが、何も見つけられませんでした。

うーん、本当に単なる噂なのか、なにかキーアイテムが足りないのか…。

5047d6ed.png

バルデボ村でのロボット探索は一旦諦め、バルデボの北にある洞窟に入ってみました。
この洞窟の中に1箇所、鍵のかかっている扉があって、その中にいた人物から
「アビオンという村に、ポリメテラールという薬が売っているらしい」
という情報を聞きました。

何につかう薬でどんな効果があるのは解りませんが、恐らくコレがロボットを探すためのキーアイテムなのでしょう。
ここまでに「アビオン」という名前の村には行った事が無いので、恐らくこの先にある村の事なのだろうと解釈して、洞窟をさらに進みます。

3de3c37c.png

洞窟を抜けるとそこはバルデボ村の対岸にあった島でした。
この島の海岸線を反時計回りにぐるりとまわってみると、こんどはそれほどボロボロになっていない村を見つけます。ここが「アビオン」という村なのでしょうか?

と思ったら残念。ここは「ロアー」という村らしいです。
目的の村ではありませんでしたが、この村には「病院」が存在するので、ここでようやく長旅の疲れを癒すことが出来ます。やれやれです。ちなみにこの村には教会もありますが、仲間が戦闘不能状態になっていないのなら立ち寄らないほうが賢明かもしれません(個人的にはそのほうが帰り道が楽になると思うので)。

あとこの村には道具屋は無いのですが武器屋があり、そこに「サーベルクロー」というミュウの最強武器が売っているので買っておくとこのあとが少し楽になるでしょう。値段も意外に安いので、手が出せないというレベルではないはずですから。

この村で得られる情報としては、
・この村の西にアビオンの村がある
・「カズバ」のドラゴンが「カーバンクル」という宝石を持っている
・「ラエルマツリー」という木が、デゾリス星の「アルチプラノ」という高原に生い茂っている
こんな感じです。とりあえずは、目的地であるアビオンの村の場所についてが重要ですね。

では、次回はその「アビオンの村」に向かってみたいと思います。
なんか今回、山がなかったなあw




↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ