9ff843c9.png


※PC-88版アークスプレイ日記です。
※本記事はネタバレ要素を含みます。未プレイの方は閲覧に注意してください。


>> 前回へ

*謎の男の正体は…?

4cc4ea58.png
488d5587.png

さて、前回砂漠>大氷河というわけのわからない場所移動をして、その大氷河の端っこで1人で暮らしている無愛想な男を見つけました。なんか怪しげなその男にヴィドが、アネクシオス(ピクトの父親)について尋ねると、男は「あいつは死んだ。自分が看取った」と答えます。それを聞いてピクトが「父さんまで…!」と悲痛な声を上げると、男に少し動揺が走りました。

男は、そういえばアネクシオスから息子の事を聞いていた、君の母さんはどうしているんだ?と戸惑いがちにピクトに尋ねます。そしてピクトから母親の死について知らされると、落胆したような様子でピクトに慰めの声をかけました。そして今までの無愛想な様子が少し変わり、この危険な氷河を歩いて横断するなど…と言って、なんとここから近くにあるホビットの村「リヴゴーシュ」への抜け道を教えてくれたのです。

男が急に親切になったことについてトロンが少し訝しむのですが、ディアナがそれをやんわりと否定しました。そして男は最後にピクトの名を聞き、彼の今後について励ましの言葉をかけるのでした。恐らくですがこの男性の正体については、会話の流れを読む限り、ヴィドは確実に、そしてジェダとディアナは薄々気がついていると思います。
※ちなみにゲーム中では、この男の正体は最後まで明かされません(まあ明かされなくても解るよね?

e1764c5f.png

ということで、謎の男と会話した後はホビットの村「リヴゴーシュ」へいくことが出来ます。この村自体はよろず屋があるだけで、なんの変哲も無いところなのですが、この村の最大のメリットは”砂漠を経由しないで大氷河にいける”ことにあります。大助かりです!それだけで他の何よりも存在価値がありますねw

とはいえここまで来て、また大氷河に戻るのは何かあったとき砂漠から始めることになってしまいますので(眩暈)、まずリヴゴーシュで補給を済ませたら、リヴゴーシュ>カランドル>シェレルと移動して宿屋でセーブをしましょう。補給とセーブが終わったら、リヴゴーシュから大氷河のある「コリアンドル」へ向かいます。

arcus_p11_04.png
すいません。前回、大氷河で登場する敵の中に入れ忘れてた奴がいました。「スクリル」というクリスタルでできた骸骨みたいな敵なんですが、コイツが麻痺攻撃を仕掛けてくるので「解麻痺薬」は忘れずに持っていきましょう。前回、比較的氷河の敵は簡単です、みたいな事を言ったな…あれは嘘だ!(こら
このスクリルに大勢で来られるとやばいので、遭遇したら強い魔法で一気に蹴散らしたいところです。

さて…
88f92033.png

ここからが本当の地獄だ…
前回も言いましたが、この氷河は100x100マスの壁も目印も無いだだっ広いエリアです。そしてこの中から”精霊がいるダンジョンの入り口”(精霊がいる場所じゃないですよ?)を見つけなければいけません。しかも、恐ろしいことにこの入り口は4つ存在し、どれも精霊のいるダンジョンには通じていますが、精霊に会うことができるのはそのうちの1つだけです。

ふっざけんなっ!!!(怒
この歩くだけでも大変な大氷河のなかから、4つもある入り口を探し出させた挙句、そのうち3つはハズレだとぉ!!
アホかぁ!どんだけプレイヤーの心折りたいんだよウルフチームは!!

というわけで、こんなゲーム性の無いめんどくさいだけの仕掛けは精神と時間の浪費でしかないので(辛辣)、ダンジョンへの行き方を説明していしまうと、
①コリアンドルから大氷原に入る(座標:東0、北49/方向:東向き)
②右を向き、南に方向を変えて13歩進む(座標:東0、北36/方向:南向き)
③左を向き、東に方向を変えてあとはまっすぐ42~3歩進む(座標:東42、北36/方向:東向き)
すると入り口が見つかるので、中に入ることで正解のダンジョンに入れます。

90a454a7.png
ed7606f5.png

無事ダンジョンに入れたら、まっさきに壁を向いてしっかり体力と精神力を回復しておきましょう。
そう、ダンジョンに入れさえすれば心の友と言ってもいい”壁”があるので安全な休憩が可能です。このダンジョンは地下4層構造ですが、構成は複雑ではないので迷うことは無いでしょう。ただ地下4階は通路がらせん状になっているので、ダンジョンの広さに比べて移動距離がめちゃめちゃ長くなります。

ダンジョンの構造は簡単でも、登場する敵はやっかいな奴が多いです。地上にいたバンシー、スクリル、フロスト.Gの他、バーサーカー、ドワーフ、フィーンド、デーモンなどの強力な敵がわんさか登場します。特にフィーンドは麻痺攻撃、デーモンは叫びを多用してくるので相手にしないか、魔法を出し惜しみせず速攻で全滅させるのが良いかもしれません。

そしてダンジョンの最深部の最奥には最後の精霊「ウンディーネ」がおり、ピクトとの契約により「錆びた金属の器」が「水の鏡」に変化、「水撃」、「濃霧」、「氷結」、「氷粒」、「流水剣」、「水爆」、そして「蘇生」の魔法が使用できるようになります。正直、それほど便利な魔法はないのですが、水の魔法は昆虫系、そして竜族に効果が高いそうです(ということは?
契約が終わったら、魔法でさっさと出てしまいましょう。

というわけで、今回はここまで。
すべての精霊と契約が終わったので、次回はいよいよラストダンジョンです!






↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ