mugen_p01.png
※PC-88版「夢幻の心臓」のプレイ日記です。
※本記事は読んだ人が本作をプレイする際の助けになるような書き方をしています(一応)。 
※もし本記事を読んで挑戦したくなったら、少し参考にしてみてください。


「国産RPGの元祖」と呼ばれ、あの国民的RPG「ドラゴンクエスト」の元ネタとなったという都市伝説(?)もいまだ根強くのこりつづけている、伝説級RPG「夢幻の心臓」。
しかしその独特すぎるシ
ステムの前に辛酸を舐めさせられクリアできずに放棄したり、なかには最弱の敵である「農民」にすら勝てずに投げたという人もいたくらい「ある意味」では難易度が高かった作品です。
(ちなみに当時私の友人たちにもこの作品をクリアしたという猛者はいませんでした)
正直「ホントにクリアなんてできるの?」と疑問にすら思いました。

よーし、それならひとつクリアしてやろうじゃないか!
この私の力(グーグル検索能力)をもってすれば、あの頃の雪辱を晴らすことも可能なはずだ!
農民にすら勝てなかった、あの頃の雪辱が…。

ではいざゲームスタート。

33ee9fb0.png

このゲームで生き残るためには「現代のRPGの常識」というものを捨て去らなければいけません。
普通のRPGであれば、ゲームスタート直後は装備を購入して街の周辺でザコ敵を狩ってレベルを上げて、その後探索開始。となるでしょうが、まず本作には「レベル」がありません。なのでレベルアップによる成長自もありません。
経験値というものはありますが別の用途で使うものので、キャラクターの成長には関係無いです。

装備についてですが、本作では武器防具はどういうタイミングかはわかりませんが壊れます。
お金がない序盤にせっかく買ったものが壊れるんじゃ無駄すぎます。所持金の少ない序盤は買わない方が得策です。

しかしキャラクターが成長しない上に装備も買えないのでは、まったく敵に勝てる勝算が見えませんね?
まずここの攻略が、このゲームをクリアするうえでの最初の重要なポイントになるんです。

45763aca.png

ゲームが始まると「自由都市カーライル」という街の近くから始まるのですが、この街に最初に寄ってもなんの意味もないのでで無視して、南西に続く道を道なりに進んで「城塞都市マクーハン」という城下町へ向かいます。

このときのポイントは敵に出会わないことです。そうは言ってもランダムエンカウントなのでどうしようもないのですが、それでも”道”はエンカウント率が低く草原はそれより少し高いので、道を踏み外さないように進みましょう。
(斜め移動も可能なので多用してください)
ちなみに荒地、森、山などはめちゃくちゃエンカウント率が高いうえに、冗談でも勝てない敵ばかりなので絶対に踏み込まないようにしてください。

もし敵に出逢ってしまったら、ひたすら逃げるしかありません。この世界は、例え聖職と呼ばれるような「牧師」でさえ毒を吹き付けてくる無法地帯なので、油断しないで弱いうちは逃げまくります。
「三十六計逃げるに如かず」です。
逃げきれなくて死んだって失うものなんてないんですから、気を落とさすにキャラを作り直せばいいんです。

3db88f7e.png

無事マクハーンにたどり着いたら、おめでとうございます!これで最初の関門というか「初陣」は終わりました。
あなたはこの先、生きのこるチャンスを得たのです。
そしたらほかの施設なんかにゃ目もくれず城へ向かいます。城では王への謁見も可能ですが今は無駄なのでスルーして、城で最も重要な「教育施設」を使用します。

ここでは「器用さ」「攻撃力」「回避力」をお金を払って強化することができます(後の「ザナドゥ」のシステムだね)。
それぞれ金貨5枚で1ポイント上昇させることができ、最大でそれぞれ30ポイントまで強化できます。キャラクターの初期値は「器用さ」「攻撃力」「回避力」すべて”50”なので、最終的には”80”まで成長させられるわけです。

とはいえ最初の所持金は200しかないので、すべてを最大まで強化は無理です。私はとりあえず「攻撃力」「回避力」にそれぞれ20ポイント(100G)ずつつぎ込みました。
全額つぎ込むの?宿代とかは?と思うかもしれませんが、そこはなんとかなるのでまずは生き残るためにベストを尽くします。

d8ec732d.png

「攻撃力」はダメージだけじゃなく攻撃の命中にも影響があり、「回避力」は敵の攻撃回避に影響があります。
「器用さ」は敵から逃げるときや箱を開けるときなどに影響します。
まあ生き残るために優先すべきは「当てること」そして「当たらないこと」ですから、当面の目標はお金を稼いで「攻撃力」「回避力」を80(最大)まで上昇させることですね。
「器用さ」と別の街で強化できる「知力」は、当分放置していていいかと思います。

ちなみに本作では、武器を装備すると攻撃力(つまり命中とダメージ)、防具を装備すると回避が上昇します。防御力という概念は無いんですね。魔法にも防御力を上げるという効果のものはなくて、近いもので”敵の攻撃力を下げる”というのがあるだけです。
このへんのシステムは「ウィザードリィ」の”AC”の概念に近いかと思います。

さあ有り金はたいて強化を済ませたら、いよいよ本格的な戦いへと出発です!
ここからが本番だぜ?!
あ、外に出たら”キロク”を忘れないでくださいね。





↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ