d47fecb3.png

※PC-88版夢幻の心臓IIIのプレイ日記です。
※本記事はネタバレ要素を含みます。未プレイの方は閲覧に注意してください。



>> 紹介記事へ >> 前回へ

*前回のあらすじ
・ねんがんの シュド・メル を とうばつしたぞ!
・でもその先の敵が強すぎ、逃げながら洞窟抜けたけど何も無い
・諦めてもう一回、エルダーアイン界に戻って行ってない変な山に行く
・アッー!

*思い込みって怖いよね?

a33eedbe.png

さて前回向かおうとした山の前の通路にはなんと”ドラゴン”が眠っていて、それに触れてしまったがためにドラゴンとの戦闘になるという酷いオチでした。その後のドラゴンとの戦闘には相手が1匹だけだったのでなんとか勝利できたものの、ドラゴンは体力も高く、さらにこっちの魔法を封じたり自身の防御力をアップさせる魔法まで使ってくるので、長期戦になると相当不利そうでした。

そして山の中に入ってみると、やはりそこは噂に聞いていた「神聖山」でした。ここの頂上に剣を刺さないといけないはずなんですが、現時点でまだ肝心な剣(ヒルツとエンドをあわせた剣)を手に入れられていないので、ぶっちゃけここにきても無意味です。しかし折角なので、ここがどのくらいの難易度なのか確認しておこうと探索を開始。

神聖山は多層構造になっていて、何度も山の内部にある洞窟に入ったり、そこから出て山の外壁を移動したりして移動しないと駄目なようです。この山にいる怪物は、オークとミノタウロス、そしてドラゴンなのですが、ドラゴンはみんな寝ているので”触れなければ”近くを通っても無害のようでした。

だがしかし!中には上に登るための通路のど真ん中に寝ているドラゴンもいて、そういうのとは戦わないと先に進めません(汗)それでもなんとか頂上付近まで登ることはできたのですが、頂上に上るための階段の前にはなんと”8匹”ものドラゴンが!!こいつら立て続けに防御UP魔法をかけてくるので(しかも味方全員に効果)全く歯が立ちません…。駄目だこりゃ。

9eb6aafd.png

泣きながら神聖山を脱出した我々はアーケディア城に戻り、牛男やトカゲ男相手に再びレベル上げを開始します。レベル上げをしながら、ふとアルハザードの能力を見ていたら相手の魔法を封じられる「シーリング」という魔法を覚えていることに気がつきました。あれ?もしかしてこれ戦闘直後に使えば、ドラゴンの強化魔法を封じられるんじゃね?

とはいえどっちにしろ今は神聖山の頂上に戻っても意味が無いので、まずはレベルアップに励むことにしよう。そしてしばらくレベルを上げていましたが、そろそろアーケディア城でのレベリングも効果が薄くなってきました。こいつらよりもうちょっと美味しい敵が出るエリアは無いものかなあ?んでも行ける所はもう行ってるしなあ…。

さてレベリングに若干飽きてきて、アーケディア城の中をうろうろしていると、シルビアの部下に出会ったのですが、そいつからエルフの情報をちょっと聞きました。その情報自体はそれほど価値があるとも思えなかったのですが、エルフ…。エルフ…。なんだろうこの記憶の中に引っかかる”何か”は…。

mugen3_08_04.png
そうだったー!!!
過去の情報メモを見ていたら思い出しました。港町ハクロウで町人から”アストラル洞窟はエルフ界と直通している”という話を聞いていたんです。そうだそうだった。このエルダーアイン界には、別に「エルフ界」という世界があるんだった。そのエルフ界に行ければ、現状打破が期待できるかもしれないじゃないか!

ん?だがしかし。エルフ界にいける「アストラル洞窟」ってどこにあるんだ?この辺でもう行ってないところはない”はず”なんだけどな…。うむ、ちょっと落ち着いて地図を見直してみよう。まずこの地方の一番北西にあるのがカオス界に戻る洞窟(①)、そこから東に向かうとナガッセの町とサルア城がある(②)。そこから船で南下したところにあるのが港町ハクロウ(③)、そして西に行くとアーケディア城(④)がある。んでもってアーケディア城から北西にいくとドワーフの村(⑤)、そのまま北に行くと神聖山(⑥)があると。

…うむ、確かにこれで全部の場所に行って…ない!!
行ってないよ!ハクロウの北に1箇所まだ行ってない赤い点(何かの施設がある場所)があるジャメイカ!
うわぁー恥ずかしい。こんなに地図にでっかく記されてるのに見落としていたとは。一生の不覚…(ガクッ

01aa06f1.png
4e6548a4.png

そんなわけでまだ行っていなかったアストラル洞窟に向かい、そこから「エルダーエルフ界」にやってきました。だがしかし、地図が無いのでここがどこなのか、どっちに向かったらいいのかが全く解らない…。とりあえず南に向かってみるか。この辺の敵は、ミノタウロス、リザードマン、ガーゴイルの3種(とりあえずドラゴンがいなくてひと安心)のようです。

ここではミノタウロスもリザードマンも、ガーゴイルと同様に画面の外からでも主人公を見つけて次々と襲い掛かってくるのでかなりめんどくさいのですが、こっちももうそこそこ強くなってきているので今更遅れは取りません。ただウザイだけですねw あ、でもこの敵が集まってくるのを利用すれば、レベル上げが楽かもしれないな。

なんてことを考えて歩いていたら、なんか廃墟みたいなものを見つけました。近づくと「さまよえる塔の石」なるものを拾えました。あー、なんかこれマニュアルに書いてあったような…魔法を覚える石だったっけな?試しに主人公に使わせてみましたが、特に変化は見られませんでした。うーん、なんじゃこりゃ。(実は大きな勘違いをしていたと後で気がつく

f32c1afd.png
af2e1734.png

しばらく歩き回っていると、やっとこ城が見つかりました。ここは前作にもあった「エルフ城」のようですね。早速王様に会いに行ってみましたが、懐かしがるばかりで大した情報はもらえませんでした(役にたたねえジジイだ)。つかそもそもこの世界に来て何をしたらいいんだかも、現時点では全く解らない。なのでまずは情報収集だな。これ基本。

すると城の中に「ウルル」がいました。こいつは前作のイベントで「アボラス」と「バニラ」という男女の魔法使いが、合体して(変な意味じゃなく)1人の魔法使い「ウルル」になったというものです。感のいい人は気付くと思いますが、アボラスとバニラは「ウルトラマン」の同じ回に出てきた怪獣の名前で、「ウルル」という名前は…つまりウルトラマンという訳ですねw

ウルルはなんか仲間になってくれそうな感じでしたが駄目でした。多分、主人公が道徳系だと仲間になってくれないんでしょうね。まあ残念ではありますが、仕方ないと諦めて引き続き情報収集を。このお城で得られた主な情報はこんな感じ。
・シーの村のガザールは、次元界にいったことがある
・さまよえる塔の石は、前に空中をさまよっていた塔の残骸
・さまよえる塔の石は、エルダー世界の魔法が使えるようになるらしい
・エルフの村にカルラという飛び道具使いがいる

ふむ、ガザールという名前には聞き覚えがあるな、シーの村にいるのか。さっき拾った”さまよえる塔の石”は、前作で行った「さまよえる塔」の残骸で、それを使うとこっちの世界の魔法が使えるようになるらしい。んでもさっき使っても変化無かったよなあ…(まだ気付いていない)。あとはエルフの村に仲間になってくれそうなNPCがいそうってことだね。

んじゃ、次はエルフの村に行ってみるかね?名前からしてもそれほど遠くではなさそうだし。
とりあえず、今回はここまで!






↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ