d47fecb3.png

※PC-88版夢幻の心臓IIIのプレイ日記です。
※本記事はネタバレ要素を含みます。未プレイの方は閲覧に注意してください。



>> 紹介記事へ

*はじめに

以前、本作「夢幻の心臓III」の紹介記事にて軽く予告していた通り、これから「夢幻の心臓III」のプレイ日記を初めて行きたいと思います。まずそれにあたり、今回のプレイ日記に関しての注意です。いつものプレイ日記では、ある程度情報を先に仕入れたり、過去のプレイ経験を活かしつつのプレイでしたが、今回のプレイについては、

ほぼ情報・知識共に”0”に近い状態から始めます。

情報と言っても、ほぼマニュアルに書いている事+αくらいしかありません。当然、本作の発売当時から今に至るまで、本作のプレイ経験も無しです。殆ど徒手空拳の状態で始めますので、道中かなりグダると思います、っていうか確実にグダります。そこを御了承の上、読み続けていってください。

また、基本的にプレイしつつ、ある程度まで進んだらプレイ日記を書く流れになりますので、なかなか先に進めなければ当然更新頻度が下がります。そしてもし私が詰まっているなあと感じたら、提案やネタバレにならない程度のアドバイスもコメントで大歓迎です。よろしくお願いします。

*ルイザードよ!私は帰ってきた!

2141c924.png

というわけで早速ゲーム開始。キャラクター作成では「モンク(道)」を選びました。明確な理由は特にないんですが、主人公を魔法職にすれば最初からカオス、エルダーアイン両方の道徳魔法を並行して覚えられることと、この後どういうパーティ編成にしても、強制で入れなきゃいけないメンバーが存在していたとしても、必ず回復役がパーティに残るからです。

キャラを作ってゲームを開始すると「ルイザード地方」の大きな神殿の前から始まりました。神殿に入ってみようと思いましたが、現在は入れないようです。何か条件があるのでしょう。ではそれは置いといて、現状何をしたらいいのかもわかっていない状況ですから、近くにある城にいって王様に話を聞いて見ることにしましょう。

ところが、

近所の城「ガイヤール城」に言って王様に会ったものの、「光の仙人に会ってこい」と言われただけで特に大事そうな説明がない。大抵こういうRPGでは、王様が重要な目的を最初に説明してくれそうなもんだが、その光の仙人とやらがその役割なのかな?

8079d4a3.png

ガイヤール城の南東に、衛兵みたいなやつが階段を守っているところがあったんだけど、王様に会ったらいなくなってた。ということは、この先に光の仙人とやらがいるのではないか?そんなわけで向かってみることに。すると案の定、そこには光の仙人が。
話かけると、主人公がやるべきことを説明してくれた。ざっくり説明すると、

『次元界(つまり今いる世界)に大地震がおこり、神の剣にヒビがはいった。
 そのせいで、次元界が夢幻界(前作の世界)になってしまう。
 それを救うにはお前の「ヒルツスレイヤー」と、「エンドスレイヤー」を一つにし、
 神聖山の頂に突き刺すことが必要だ!』

とのこと。ヒルツスレイヤーは前作で手に入れた強力な武器なのですが、本作では装備も使用もできない”イベントアイテム”になってしまっています。もういっこのエンドスレイヤーは聞いたことないですが、仙人によると次元界のどこかの洞窟にあるそうな。んでもって「神聖山」という場所は夢幻界にあるらしい。まずはこれらの処理が大きな目的のようですね。ってか折角自分の世界に戻って来れたのに、また夢幻界に行けってか?!それにどうやって行けばいいのかも解らんし…。

最後に光の仙人は、「王様の所に戻って討伐対の指揮をとり、洞窟へ向かってくれ!」といいました。
この洞窟が、エンドスレイヤーとやらがある場所なのでしょうね。とりあえず了解。

91176e94.png

城に戻って王様と話すと、そのエンドスレイヤーがある洞窟は数年前の「大地震」以降、化け物が出没して通れなくなってしまったので化け物を退治する「討伐隊」を組織したい。んでお前さんにはその討伐隊の指揮を取ってほしいと依頼され、準備金として100ゴールド貰いました。(ちょっと少なすぎんよー
さっきちょっと装備見たら、裸って訳ではないので装備は買わなくても済みそうだけど…。

まあどこのRPGでも王様がしみったれてるのは共通なので、そこはもう諦めて先に進むとしましょう。城内をうろついていると、3人仲間になってくれそうな人物を見つけました。戦闘系のメルローズと神秘系のアルハザード、職人系のティキです。ただしアルハザードは条件として100ゴールド、ティキはダイアモンドをくれと言ってきました。そんなお金を払う余裕も、アイテムもないので、ただで仲間になってくれるメルローズを勧誘しました。あと1人仲間になりそうなキャラで道徳系のイアラってのがいたんですが、どうやら仲間にはなってくれそうにありません。職業が被るからかな?

(どうでもいいけど、アルハザードって名前…なんか気になるよね)

eeedf376.png

さてガイヤール城で情報集めを続けていると、銅像のある部屋にやってきました。その銅像には
『勇者ガセイ 世界に再び危機が訪れるとき その深い眠りから目覚めん』
と書かれています(ガセイってのは主人公の名前です)。世界の危機というのは、光の仙人が言っていたことでしょうかね?つまり、主人公がこの世界に戻ってくることは、予言されていたということでしょうか。

あ、ちなみに設定では、主人公が最初に死んだ(異世界に飛ばされた「I」の出来事)ときから数十億年経ってるらしいです。もはや浦島太郎なんざ塵レベルの時間経過です。よくまあ人類が絶滅してなかったものだw

銅像の後ろを調べると、今度は別の文字が書かれています。
『ここで一句 月の夜に お守り持ちて 神殿へ 懐かしき人 会いに来られよ』
なんじゃこりゃ。神殿ってのは、最初の入れなかった建物かな?月の夜ってのはなんとなく解るが、お守りってのは持ってないなあ…どこかでもらえるんだろうか?ちなみにこの俳句っぽい何かは、怪しい爺さんが書いていったものらしいです。

それ以外で、ガイヤール城でのめぼしい情報は、
・バイオ戦士と戦えば宝石落とす
・北に仙人の住む家がある
・この城には隠し部屋がある
こんなところでした。その隠し部屋っぽいところからは「ガザールの法玉」ってアイテムをゲットできましたが、仙人は北じゃなくて南にいたよな?方角がこの世界はおかしいのか?あと、バイオ戦士が何かはわからないが、恐らくその宝石はティキを仲間にするためのダイヤモンドだろうと予想しました。


んじゃまあ、初回はこんなところですかね?
次回は近くの町で情報収集して、いざ戦闘を始めるとしましょう!






↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ