53fd6166.png

超能力大戦を戦い抜いてみた
~サイキックウォー戦闘記録 Memory18 ~


このゲームの紹介記事は > こちら
第1回の記事は > こちら
前回の記事は > こちら

※PC-88版サイキックウォープレイ日記です。
※本記事はネタバレ要素を含みます。未プレイの方は閲覧に注意してください。

『おかしいですよ、○○さん!』

さて前回は、停滞してしまった状況打破の鍵になると思われた「サイコガン」を入手したのですが、なんとそれを入手してもあまり状況が変わらず、強敵「ヒルスタン」にも前と同じように瞬殺され愕然としてしまったところで終わりました。
どうもサイコガンは、確かにビームのグラフィックはど派手になったのですが、あまり能力的には上昇していない(多少強くなった程度の)気がするのです。なんなんだこのアイテムは…。

b78de66a.png

「戦闘力を上げるアイテムを得る」という打開策はいまひとつ振るわなかったので、次に皆さんに頂いたアドバイス、
■新たな強い仲間を見つける
というのを目標にして進めてみようと思います。実はこれについては、ひとつ心当たりがありました。しかしそれには何より先に一旦この「シェア」という惑星を脱出しなければいけません。

前回サイコガンを手に入れたエリアの近くで転送装置を見つけていたので、それを動かすのに必要な「Eパック」を入手できればとりあえずこの惑星からは移動できると思います。Eパックを探していると、前回サイコガンのあった部屋のロックを解除するために行った部屋に近いエリアでサイコバリア(ダメージトラップ)を解除する部屋を見つました。これは大助かりだ。

サイコバリアを解除したことで若干探索がらくになった中、ようやく「Eパック」が隠されている部屋を見つけたので、あとはこれをさっき見つけた転送装置のところに持っていけば、どこにいくかは別にしてここからは脱出できそうです。

872a1c1d.png

そうそう「仲間を見つける」といえば、このシェア星に着たばかりの頃に酷い目にあいましたよ。
遭遇した敵の中に「パインファム」という、主人公の相棒であるアンドロイド娘にそっくりなやつがいたんですよ。最初は間違って攻撃してしまい戦闘になってしまったので、もしかしたら仲間かな?とちょっと気をつけて探してみたんですね。

そして再び出会いました。今度は攻撃をしないでメガシールドを張って様子見してみることに…。
あれ?攻撃してこない…。なんだやっぱり仲間じゃないか!
「そこの!味方をするつもりなのか!」
と話しかけてみると、


なんと強烈なビームを死ぬほど浴びせかけられました…。











psycwar_18_03.jpg
パインファム「トチ狂ってお友だちにでもなりにきたのかい?」
酷ぇ…コイツはとんだ下衆野郎だぜ。※結局、コイツは仲間にならない

そんなダウンな気持ちが続く惑星(まち)で、なんとか転送装置まで辿り着き、Eパックを使用して転送装置を動かしてみると、転送された先は前の惑星「アルテック上層」にあったの受信専用の転送室でした。もうアルテックは十分探索しているので帰り方も手馴れたものですから、そこからラムサへ帰還し、別の惑星で消耗しまくったユントリーをしっかり補充。
そしてこれから、新しい仲間を迎え入れるべく行動を開始します。

psycwar_18_04.pngpsycwar_18_05.png
その新たに迎え入れる仲間というのが、アルテック中層に現れる「ピオン」というちょっと宇宙刑事っぽい姿の女戦士です。
こいつは現在のうちのパーティで一番強い「バニーボーイ(種族:ホアイウッド)」よりも、HP及びESPの値が最初から70近く高く設定されています。しかもホアイウッドと同じくサイキック「ハイパー」持ちなので、純粋にみてもホアイウッドより強いキャラクターなのです。

できることならホアイウッドは残して、他の弱い2人「ヨウコ(種族:ウッチャム)」か「ヘビガン(種族:ディクト)」と交代させたいところなのですが、ウッチャムはサイキック「デュプラスト(変身能力)」、ディクトはサイキック「プレトリフト・メモリ(瞬間移動)」を今後も使うと思うので外せないのです。そういうわけで、泣く泣くバニーボーイと交代させ、その後LV0→LV15までなんとか育てました。LV15の能力最大で比べても、やっぱりピオンのほうが強い!

よし、これで今度はシェア星の強敵ヒルスタンとも互角に戦えるだろう!
よっしゃ、糞ヒルスタンめ!かかって来いやぁぁぁぁ!!!




え?また負けた…。
アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?(前回と同じオチになってしまったー!)




↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ