retuden082_01.jpg
「アマゾン」
*ライトブリンガーより

レトロゲームに登場するビキニ(水着)アーマーの女性たちを紹介していくコーナーです
他のビキニアーマー美女列伝を見るには、>こちら
*キャラクター紹介

retuden082_03.jpg
名前:アマゾン
年齢:不明
作品:「ライトブリンガー」(1994年/タイトー)
職業:ヴェノムの手下
タイプ:ビキニタイプ(ワンピースタイプ?)

「アマゾン」は、1994年にタイトーから発売されたアーケード用アクションゲーム「ライトブリンガー」に登場する敵キャラクターである。ゲーム中では、金髪で黄と緑の装備をつけたタイプと、黒髪で白と銀の装備をつけたタイプが存在しており、短剣で切りかかったり、トラースキックを繰り出してプレイヤーに襲い掛かってくる。

彼女達はゲーム第1ステージの序盤にある森の中で2人セットで現れるのだが、それ以降ゲーム中に姿を見せることがなかなかない。しかも本作ではある程度プレイヤーがゲームの進行ルートを選択できるようになっており、その選択次第では彼女達にまったく遭遇しない場合もある。

本作は結構泥臭く、女っ気の少ないゲームなので、是非逢っておきたい存在だ。

*ビキニアーマー紹介

2b3e4c19.jpg

彼女達の装備は、ちょっとコルセットっぽいビキニとハイレグパンツ、それに加えて手甲と脚甲、そして頭に羽飾りを装着している。ビキニとハイレグパンツと説明したが、背中をしっかり見せてくれるシーンがないのと、トラースキックのときの横からの見え方からすると、もしかしたらお腹の部分があいたワンピース(バニー型)なのかもしれない。

何にしても、完全に北半球丸が出しになっているビキニ部分、そしてハイレグから突き出しているでん部は非常にポイント高いところである。またなびく金髪に白い羽飾り、溢れる色気に反して、ガッチリ固めた手足の装甲(手甲が左右でデザインが違うのも○)と、殆ど登場しない雑魚キャラにしておくのは本当にもったいないデザインではないだろうか?

本作にはプレイヤー用女性キャラとして、システィというエルフの女性が存在するのだが、彼女の変わりに
こっちがプレイヤーキャラでもよかったんじゃね?
と感じざるを得ないところが、正直な感想だ(システィファンの皆さんごめんなさい)。

retuden082_02.jpg
ちなみにゲームの中盤あたりで彫像のアマゾンが動き出して襲い掛かってくる場所もあるのだが、こちらはまったくもって色気もカッコよさも感じない色使いであり、これは非常に残念であった。




↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ