retuden079_01.jpg
「システムD.P.」
*ガーディック外伝より

レトロゲームに登場するビキニ(水着)アーマーの女性たちを紹介していくコーナーです
他のビキニアーマー美女列伝を見るには、>こちら
今回は、ツイッターなどでよく「あれはまだですか?」と話を振られることが多かったキャラです。
お待たせいたしました。

retuden079_02.jpg
名前:システムD.P.(ミリア?)
年齢:不明
作品:「ガーディック外伝」(1988年/アイレム)
職業:戦士
タイプ:ビキニタイプ?レオタードタイプ?
説明:
「システムD.P.」は、1988年に「アイレム」より発売されたファミリーコンピューター用アクションSTGゲーム「ガーディック外伝」に登場するキャラクターである。ちなみに本作のタイトルに「外伝」とあるのは、本作を”開発”した「コンパイル」が1986年にMSXで発売した「ガーデック」というSTG作品の外伝にあたるという理由から。

彼女はその名前(あるいは見た目)から判断できるように人間ではなく、地球人が地球外の技術によって製造した「戦士」である。彼女の目的は、地球に向かっている「ナジュ」という謎の巨大カプセルに侵入し、先発していた調査隊がカプセル内に設置した10個の装置を起動して、ナジュを”自爆”させることであった。

75ff93d0.png

本作をゲーム開始すると、まず戦闘機が画面に現れ縦スクロールのSTGが始まる。そして先に待ち構えているボスを撃破すると、その後ゲームは「ゼルダの伝説」のような見下ろし型のアクションRPGに変化する。そこで初めて画面に彼女「システムD.P.」が表示されるのであるが、これを詳しい事情を知らない人がみた場合、
「なるほど、彼女はさっきの戦闘機に乗っていたんだなと思うであろう。

しかしそれは間違いであったということに、あとでプレイヤーは気がつく。
アクションRPGパートが進むと、再びSTGパートが始まるのだがその際になんと彼女は…
a421d2d3.png

戦闘機に”変形”するのだ!!
お前が戦闘機やったんかい!!
ただ体育座りして翼が生えただけのようにも見えるが、それは気のせいであろう。
(しかもこれだと尻からジェットが…い、いやなんでもない)

さて、肝心な彼女のビキニアーマーについてだが、パッケージに描かれている姿をみるとビキニではなく、レオタードっぽく見えるのであるが、ゲーム画面での彼女は、
retuden079_05.png
THE・ビキニである。(しかもハイレグ)
彼女は真っ赤なビキニに、同じく真っ赤なヘッドセット、肩アーマー、ガントレット、そしてブーツを身につけているように見える。シンプルなドット絵だが、それでいて彼女の姿をプレイヤーに強く印象つけ、想像を膨らませてくれる良いドット絵でではないだろうか。しかもハイレグをちゃんと表現しているところに、強いこだわりを私は感じる。

パッケージがレオタードっぽいのにゲームだとビキニというのは、パッケージとゲームではキャラクターのデザインが違うというこの時期の作品には良くある話であろう。「マドゥーラの翼」などがその例だ。したがって、彼女「システムD.P.」はゲーム上ではビキニアーマーキャラ(アーマー性はどこにあるかと言うのは、彼女はロボットなので全身がアーマーみたいなものと考えれば問題は無い)ということになる。




と、思うじゃん?
ところが、なんと。ところが、なんとである。
このゲームを最後までプレイし見事エンディングに辿り着くと、御褒美グラフィックとして彼女の上半身の画像が表示されるのだが、それにはなんと…。

















retuden079_06.png
レオタード姿のシステムD.P.が!!!
あー、そういうことか。胸のところが赤くてその下から白くなってるレオタードだったのか。
ゲーム画面では色数の都合上、肌色も白も一緒になってたからビキニに見えたんだ。
納得。

ということで、システムD.P.は、レオタードアーマーキャラという分類で結論でした。
※ここで扱うべきではないとかの意味ではなく、分類として分けたときの話です。

ちなみに余談ですが、本作はアクションRPGパートはともかく、STGパートは流石のコンパイル製といえる出来で、ファミコンとは思えない良い出来になっていましたね。キャラの使いまわしは多いけど、それは容量的にもしょうがないですからね。


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ