d2260cbe.png


発売年:1989年
開発元:T&Eソフト
ジャンル:ゴルフSLG
発売機種:PC-98、FM TOWNS、X68000、スーパーファミコンなど
※画像は全てX68000版です

0140

さて、私にとってパソコンの初ゴルフゲームといえば「アルバトロス(日本テレネット)」なのですが、それは中古で買ったやつでぶっちゃけその時中古ショップにそれ以外おもしろそうなX1のゲームがなかったので買ったものでした(実際面白かったけどね)。

今回紹介するゴルフゲームは、私がパソコン雑誌などで見て自主的に「これは遊んでみたい!」と思い購入した(確かFM TOWNS版)初めてのゴルフゲーム「遥かなるオーガスタ」です。

16e1d026.png

「遥かなるオーガスタ」は、1989年に「ハイドライド」や「ディーヴァ」などで有名な「T&Eソフト」より発売された3Dゴルフシミュレーションゲームで、3Dポリゴンと2D画像を融合させた独特の描画システムを用いて、実在する「オーガスタ・ナショナル・ゴルフ・クラブ」のコースを再現したという非常に画期的なゴルフゲームでした。

3Dポリゴンを使用したゴルフゲームというのは当時ではかなり珍しく、さらに実在するゴルフの有名コースをリアル(当時では)に再現し、まるで実際にその場でプレイしているかのように視点まで自由に変更できるということでとても話題になりました。

後に同じシステムを使用し1991年には「ワイアラエ・カントリークラブ」を再現した「ワイアラエの奇蹟」、1992年には「ペブルビーチ・ゴルフ・リングス」を再現した「ペブルビーチの波濤」などが発売されています。

a0f2a400.png

本作のゲームモードは、1~4人で普通にコースを回る「ストロークプレイ」、2人で行う「マッチプレイ」、1~4人+CPUの総勢40名で実際のゴルフトーナメントのようにプレイしていく「トーナメント」、そしてショット練習ができる「練習モード」の4つです。※発売機種によりモードには差異があります

練習モード以外では、ゲーム開始前にコースを一緒に回る「キャディー」を4人の「ナイスガイ」の中から選ぶことができます。彼らは要所要所でプレイヤーにアドバイスや、情報を教えてくれる重要な存在ですが、4人に能力差とかはないので
顔で選んでいいと思いますw

手痛いミスをして凹んでる時に、ニヤついた顔で「気を落とさずに行きましょう」なんて言われると、ちょっと「イラッ」としてしまうので地味に顔で選ぶのは重要かもしれません(そうか?w)。

ca4c4867.png

ゲーム中の画面には、風向きや地面の状態、コースの全景、情報など過去のゴルフゲームとそれほど変わらないような感じになっているのですが、やはり大きく違うのはメイン画面に表示されている3Dポリゴンで描かれたコースの様子です。それまでのゴルフゲームの場合は、メイン画面に表示されるのは大抵コースの拡大図だったのですが、本作ではプレイヤーがその場所に立って見えている景色がリアルに表示されていました。

そのためコース中に大きな木があれば、視界が木で塞がれて先が見えない状態になりますし、コースの起伏もポリゴンで表現されているため上り坂や膨らんだ地形があると、やはりその先が見えにくくなっています。

ショットを打つ方向は画面上に表示される小さいウィンドウにある左右の矢印を使用して決めるのですが、矢印をクリックすると立ち止まった状態のままその方向に視界だけが移動し、それに合わせて見える景色もリアルタイムで書き変わっていました。

bf28c169.png

ショットを打つ際に設定するのは、打つ方向、使用するクラブ、スタンス、ショットの威力、インパクトの位置などです。
それらを設定し終わると、ポリゴン描画の風景画面に2D描画のゴルファーが表示されショットシーンがアニメーションで表示されるのですが、機種によってはこのゴルファーの画像が実写取り込み画像で逆にリアルすぎて浮いてましたw

ショット後は、流石に現在のゴルフゲームのように飛んでいくゴルフボールの視点で表示していくというのは流石に無理でしたが、ショットした位置から画面の奥にむかってボールが飛んでいく様子が表示され、その後落下地点の風景が表示されそこにボールが落ちてくる、というように描かれています。

余談ですが、本作はゲーム中ほとんどBGMが流れません(1コース終了時ぐらい)。
プレイヤーの耳に聞こえてくるのはリアルな野鳥のさえずりとショット時のSEだけで、それがまたリアルでしたね。

c6eb85cd.png

ボールがグリーンに乗っかると、今度はグリーン上にワイヤーフレームのような線が表示されます。
この線はグリーンの傾斜を表していて、例えば横のラインが右から左に向かって下がっているように表示されていたら、このグリーンが右から左に向かって傾いているということになり、このラインの角度が高くなるほど傾斜も激しくなっているということになります。

またこの線だけでは横の傾斜はわかるものの、縦の傾斜については解り難い表示になってしまっています。
そこについてはキャディーさんが、縦の傾斜、つまりボールの現在位置からピンまでの傾斜を教えてくれますので、横と縦の傾斜を把握した上でパットを行う方向や、パットの強弱を設定します。
しかしこの傾斜を考えて打ってもなかなか思うように行ってくれないんだよねえ。難しいw

余談ですが、本作のスパーファミコン版はほかのところはそれほどでもないのに、このグリーン上の線の描画だけが描画に時間がかかってちょっとストレスを感じました。つってもスペック考えたらすげえ頑張ってたんだけどね。

80e85ea8.png

(画像はMSX版「3-Dゴルフシミュレーション」)
知っている人は知っているかもしれませんが、本作が発売される6年前の1983年にT&Eソフトは既に本作と同様のコンセプトである「3-Dゴルフシミュレーション」という作品を発売しています。
もちろんポリゴン表示ではなくLINE文とPAINT文で描かれたレベルのもので、リアルタイムに書き変わったりもしないのですが、ちゃんと打つときにボールのある地点からピンに向かって見える景色を描いています。
ただし描画がめっちゃ遅いんですけどねw

1983年といえば、パソコンゲームの歴史で言えば日本のパソコンゲームがよちよち歩きを始めたような時期です。その頃に既にこんなゲームを作っていたとは、さすがT&Eソフト。アクションRPGの始祖「ハイドライド」を作ったことといい、目の付け所が素晴らしいですな。

今現在でも様々な3Dポリゴンゴルフゲームが存在し、それを楽しくプレイしている人も多くいると思いますが、こういった時代の作品があって今そのゲームが存在するということをちょっと感じて頂ければなと思います。


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ