c36e1560.png


発売年:1987年
開発元:日本テレネット
ジャンル:縦スクロール+3D STG
発売機種:PC-88、FM-77AV

0115

6722a9d4.png

さて「STG強化月間」の3回目は、
大丈夫。日本テレネットのSTGだよ。
いろんな意味で大丈夫でもあり、大丈夫じゃない日本テレネットが1987年に発売したシューティングゲーム「ルクソール」を紹介します。

日本テレネットと言えば、「夢幻戦士ヴァリス」や「ファイナルゾーン」などの
目の付け所と音楽は良いけれど、ゲーム性がそれに追いついていない
そういう感じのゲームが非常に多い会社でした。
今だったらその今ひとつふたつみっつ足りないゲーム性をネットで袋叩きにされていたであろうこと間違いなしです。
(でも不思議とファンの多い会社でもあった)

そしてこの「ルクソール」も、そんな感じの作品だったと思います。

90531c80.png

プレイヤーは主人公が乗る戦闘機「ナイトオーバーエジプト号」を操作して、志半ばで亡くなった父親の意志を継ぎ、エジプトのアブシンバル神殿を探す旅に出ます(多分そういう話だったかとw)。

まず、ゲームが始まると縦スクロールのSTGが始まります。
「ナイトオーバーエジプト号」はショットボタンで対空武器、ボムボタンで対地武器を使用でき、敵を倒した時に落とす赤い玉、黄色い玉、青い玉を拾うことで、それぞれショット、ボム、シールド(バリア)が強化されます。

玉を取ると画面右にある、それぞれのパワーゲージが上昇していき(5段階)最大を超えると、武装そのものがより強力なものに変化するという、
ぶっちゃけダライアスそのまんまのパワーアップシステムでしたw

2944317d.png

この作品は非常に難易度が高かったのですが、その理由は普通のSTG的な難易度ということではなく、とにかく
敵味方共に弾が見辛い。
地面の描画などは、当時のパソコンSTGとしては非常に綺麗に描かれているし、敵味方の弾もちゃんと描かれているんですが、逆にそれが仇となる感じで弾が地面にカモフラージュされてしまうんです。
ここは手抜きに見えても、ヴァリスのように点滅する弾とかのほうがまだわかりやすかったかもしれません。

またこれはしょうがないことだと思いますがスクロールがかなり荒い(それでも頑張ってるほうですが)、武装が対空/対地と分かれているが敵が空にいるのか地面にいるのか判断しづらいなどの要素があり、別の意味で難易度が高かったと思います。

エリアの最後にはボスがいて、これでもかと弾をバンバン撃ってくるものですから私のようなSTG苦手人間には、画面で何が起こってるのか把握することすら難しかったです。感覚で避けるしかありませんw
(それでも当時のパソコンSTGではマシな方だったかもしれませんが)

b9ef7963.png

さて、ここまではちょっと批判めいた事も書いてきましたが、冒頭に書いた”目の付け所はいい”という部分についても触れておきたいと思います。

本作は非常に珍しいステージ構成をしており、難易度の高い縦スクロールのステージ1を死ぬ思い出クリアすると(そこまでか?)、戦闘機がピラミッドの中に入り
3Dシューティング面が始まるのです!!(スペースハリアー的なもの)
つまり表面(縦シュー)、裏面(3Dシュー)がセットで1ステージなんですね。

そんな構成のSTGといえば、コナミの「A-JAX」を思い出す人もいるかもしれませんが、本作とA-JAXは同じ1987年の作品で、発売時期的にはわずかながら本作の方が早いのです。
ちなみにこの3D面の凄いところは、自機の位置を変えるとそれに合わせて視点がかわるうえに、直進だけじゃなく3Dダンジョンのように途中で通路を右や左に曲がっていくところを表現しているところです(自分では方向は選べない)。

これはかなり画期的なシステムだったと思います。まあこっちのゲーム性も…今ひとつでしたがw

5c0424e8.png

いろいろ難ありな日本テレネットのゲームですが、それでもファンが多かった理由の一つが、
良質のBGMだったと思います。

本作も例に漏れずBGMは良曲が多く、プレイヤーたちの耳を楽しませてくれました。
ゲームの難易度が高くて1面以外のBGMは聞けないよ!なんて私のようなプレイヤーのためにあるのかは知りませんが、タイトル画面で”F5”キーを押すとミュージックモードになり、すべてのBGMを聴くことができました。

まあこれは日本テレネット(またはウルフチーム)お馴染みの隠し要素だったので、日本テレネットのゲームを買って起動したら最初に”F5”キーを押してみた人は多いんじゃないでしょうかね?w

19c4afb4.png

ちなみに本作のFM-77AV版は、こちらとちょっと違う部分がありまして対地攻撃ができなくなり、かわりにストック制のボム(画面内の敵すべてにダメージ)が撃てました。
またこちらの方は、敵見方の弾がヴァリスのような点滅する弾になっていて、さらに地面描画がシンプルになっているので弾が見えやすく、画面のスクロールもスムーズなのでかなり遊びやすくなっています。

「ルクソール」は、現在ProjectEGGにてPC-88版、FM-77AV版両方が配信中です。
もし挑戦してみたいという気持ちがある方は購入してみてください。
まあ、ゲームとして楽しみたいのであればこだわりがない限りFM-77AV版をお薦めしますがw

PC-88版は「うがー!」ってなりますよ。マジで。


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ