9d17a7b6.png


発売年:1989年 ※AC版は1986年
開発元:電波新聞社 ※AC版はセガ
ジャンル:横スクロールSTG
発売機種:X68000

0110

c9da4d71.png

1987年、シャープより当時のパソコン少年達を大いに驚かせたパソコンが発売されました。その名は「X68000」。
いったい何に驚いたかというと、このパソコンの広告やデモンストレーションに多用されていたコナミのアーケードSTG「グラディウス」のほぼ完璧といってもいい移植レベルです。
「アーケードゲームが自宅でできる!」
この驚きは今の人には理解できないでしょうが、それまでの家庭用ゲーム機及びパソコンへのアーケードゲームの移植は、自分の家で”似たもの”が遊べるんだからそれだけで満足、そこまでで我慢。というのが普通だったんです。
まあそのへんの話は長くなるので置くとして、そんなわけでX68000という機種は注目を浴び、様々なアーケードゲームが移植されました。

当時の私はこの機種を「凄いな」とは思いつつも、だからって「欲しい!」とまではあまり思いませんでした。
X68000に移植されたアーケードゲームの多くはSTGで、私はそれほどSTGが得意ではなかったからです。
しかし、そんな私でもこれは欲しい!羨ましい!と思った移植作品がありました。

それが今回紹介する「ファンタジーゾーン」なのです。

0d4f8882.png

「ファンタジーゾーン」は1986年にセガから発売されたアーケード用STGで、非常にポップでキュート(死語?)なキャラクターたちが登場するファンタジー感あふれるゲームでありながら、その難易度はなかなか高く遊びごたえのあるSTGでした。

大抵STGというものは縦であれば上方向に、横であれば左右どちらかの一方向にだけスクロールするのが普通でしたが、本作はプレイヤーが操作する自機(オパオパ)を動かした方向(右か左)に向かってスクロールようになっており、1984年の同社のゲーム「フリッキー」に近い感覚でしたね。
(上下にも若干スクロールする)

プレイヤーはレバーと2つのボタン(ショット/ボム)でオパオパを操り、ザコ敵を排除しつつ、ステージ上に配置されている前線基地を決まった数(10個)倒し、その後登場するステージのボスを倒して次のステージに進みます。
ちなみに全部で8ステージありました。

29c24cd4.png

STGと言えば”パワーアップ”要素がつきものですが、本作はちょっと特殊なパワーアップ方式を採用していました。
それはパワーアップアイテムを買うというものです。

ザコ敵及び前線基地、ボスは破壊されるとゴールド(コイン)を落とします。このコインを拾うとスコア表示の横にあるGOLDの値が増えていき、たまに現れる”SHOP”と書かれた赤い風船に触れることで「ショップ」で自機をパワーアップさせるアイテムが買えるのです。まるでRPGのようでしょ?w

パワーアップのアイテム(パーツ)を購入することで、ショットをレーザーや7方向ショットに変えたり、2連続のボムや画面上のすべての敵にダメージを与えるボムにしたり、自機の移動スピード変更や自機を1機増やせるアイテムまでありました。
ゲームプレイ中に何度も同じパーツを買うことも可能でしたが、買うたびに値段が高くなっていくので、不必要なものわ買わない、強力な武器は後半まで買うのを控えるなどちょっと考えなければ、あとになって「お金が足りなくて買えない!」ということにもなりました。

「ご利用は計画的に」ですね。

6000e3fd.png

本作はステージごとの美しい背景や、登場する前線基地などのデザインセンスが素晴らしく特徴的で、特に各ステージのボス達の「個性」っぷりといったら一度出会ったら忘れられないほど素晴らしいものでした。
それでいて非常に手強かった。
まあ一部のボスは、あるパーツを使用することで瞬殺できましたけどねw

実は私は今でも”STGで好きなものは?”と聞かれたら、まず「ファンタジーゾーン」と答えるほど本作が当時から大好きで、ゲーム内にあふれるセンスそして、完璧と言ってもいいほど素晴らしい各ステージのBGM、何もかもが大好きだったと断言できます。(でも下手だったんでクリアはできませんでしたがw)
ゲームのサントラ(当時はカセットテープ)も買って、家にいるときはしょっちゅう聞いてましたしね。

それだけに本作がX68000でほぼ完璧に移植されたと知ったときは、心底羨ましかったです。
「俺就職したら、絶対X68000やってやるんだ!」とすら思いました(結局買いませんでしたがw)。

823b9c47.png

X68000版が登場するまでに、ファンタジーゾーンはセガマークIII、ファミコン、MSX、PCエンジンなどに移植されていました。

しかしハードの性能的に仕方がないこととは言え、どれもアーケード版には遠く及ばないものばかり、唯一PCエンジン版だけはアーケードに近いグラフィックだったので期待したのですが、
BGMのあまりに酷い出来に血の涙を流したものです。
ある意味では、ファミコン版が一番マトモだったかもしれないなあ。

一方X68000はグラフィックだけじゃなく、アーケード版とほぼ遜色ないBGMだったのでなおさら羨ましかったです。
町の電気屋で本作のパッケージを、まるでショーウィンドウのトランペットを眺める黒人少年のように、ずっと眺めていましたね(そんなにか?w)。

559c9214.png

ちなみにX68000版のファンタジーゾーンには”隠し要素”がありました。

それは各ステージの特定の前線基地を最初に倒した時のみ落とすアルファベットのコインを集めると、隠しステージ「DRAGON LAND」に行けるというもので、アルファベットのコインというのがステージ1から順番に”H”、”A”、”R”、”R”、”I”、”E”、”R”となっていて(つなげると”HARRIER”)、同社の1985年の作品「スペースハリアー」をモチーフにしたステージだったんです。なかなか凝った趣向ですね。
(画像用意できませんでしたw)

あー、そういやPCエンジンでファンタジーゾーンとスペースハリアーを足した全く新しい
『スペースファンタジーゾーン』
ってSTGが発売される予定だったはずだったけど…あれは結局中止になったんでしたっけ?w


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ