c2fe0ae1.png


発売年:1989年
開発元:日本ファルコム
ジャンル:横スクロールSTG
発売機種:PC-88、PC-98、X68000

0045

~ファルコムでもどうにもならない事はある~
bfa9adf9.png

「スタートレーダー」は、1989年に日本ファルコムから発売されたシューティングゲーム(以下:STG)で、STGでありながらアドベンチャーゲーム(以下:ADV)やRPGの要素を取り入れるという、当時ではかなり斬新なタイプのゲームであった。
また日本ファルコムによる、初のシューティングゲームということで話題も集めた。

本作は最初PC88版が発売され、その後PC98、X68000に移植された。
ただしX68000版は後述する事情により、かなり変更が加えられている。

1674293d.png

■ストーリー
かつて「エースストライカー・カイン」と呼ばれた男「カイン」。彼は「スタートレーダー(恒星間の運搬屋)」として、密輸や非合法の運送を生業とし、いつも危険と隣り合わせの生活をしていた。
そんなカインの元へある日「レフィ」という少女が訪れ、高名な学者である祖父を探してほしい、という依頼を持ってくるところから物語は始まる……。

46ad55fe.png

■システム
本作には大きく分けて2つのパートがあり、客と会って依頼を受けたり、報酬を受け取りそのお金で武装を整えたり、ストーリーを進行させるADV(RPG)パートと、自機を操作して敵と戦いながら目的地までたどり着くSTGパートがある。
本作が他のSTGと違う所は、単純にSTAGE1、STAGE2、STAGE3…と順に進んで行くのではなく、ADVパートで自分で受ける依頼を決め、それによりプレイするステージが変わるという点であった(いささか問題もあるのだが)。

0585521a.png

STGパートは非常にごくシンプルな横スクロールタイプで、テンキーで自機を操作し、XキーでマウントウェポンAを、ZキーでマウントウェポンBを発射する。ADVパートで武装を購入していれば、STGパートが始まる直前に武装の換装を行う事が出来る。
自機には耐久力ゲージがあり、これが0になるとゲームオーバーとなる。道中にパワーアップ・回復アイテム的なものは無く、敵を倒したからと言ってお金になる訳でもないので、無理に敵機を撃墜しようとして消耗するよりも敵を避けつつボス戦に向けて耐久力を温存させる方が得策であった。

ちなみに本作には、恒星のプロミネンスや、地面から生える触手、画面を覆うような巨大戦艦など「どこかで見たような」敵も登場した。

5d1c062d.png

■問題点
本作には様々な問題点があった。
まず肝心のSTGパートにおいて、画面が上下に狭いにも関わらず敵の攻撃がかなり激しいので避けるのが難儀。さらに1ステージの長さが普通のシューティングゲームに比べて長いのでかなり耐久力の消耗を強いられる。また背景に流れる隕石と敵の弾の区別が付きにくかったりもした(隕石は当たり判定なし)。
そしてやはり最大の問題はぎこちないスクロールと処理落ちだった。これはマシンの性能上仕方のないこととはいえ、ファルコムでもこの問題はどうにもならなかったのである。それでもこれまで登場したパソコンのSTGに比べれば、非常に水準の高いものであったと思う。

またADVパートでは選択の自由がウリだったはずが、ストーリーが進んでいないといけない場所が多いためあまり自由に行動ができず、結局はストーリーに沿って進む事が殆どになってしまい、ステージ間にデモがあるSTGとほとんど同じレベルになっていた。
得られる自由といえば「武器の選択」とストーリー上での「選択肢」くらいであっただろうか(選択肢は何選んでもあまり変わらなかったような…)。

STGとADVの融合で革命を起こす、などの意気込みであったハズが革命は結局起きることはなかった。

6e947a82.png

当時「アクションゲームやシューティングはパソコンに向いていない」というのが、後にX68000が登場するまでパソコンユーザー共通の認識であり、パソコンでシューティングゲームを発売するというのはかなりハードルの高い事だったといえる。
逆に言えばハードルが高いという事をユーザーも認識しているから、多少出来が悪くても「これはこれでしょうがない」と思ってしまう部分もあった。

しかしそういうある意味「タブー」なジャンルに、あの日本ファルコムが挑むと言う事でユーザーはかなりの期待を持ってしまったのかもしれない。
先にも述べたが、既存のパソコンSTGと比べたら出来は良いといえる。しかし期待が大きすぎたせいで、評価が低くなってしまったのではないだろうか?

504bdd80.png

■X6800版
「アクションゲームやシューティングはパソコンに向いていない」というある種業界の常識をぶち破ったのはX68000の登場であった。
目を覆いたくなるようなグラディウスやゼビウスではなく、アーケードほとんどそのまんまのグラディウスやゼビウスがパソコンで動くという事実はパソコンゲーマーの度肝を抜いた。
そしてPC88版、PC98版「スタートレーダー」の発売から2年後の1991年、なんとスタートレーダーはX68000に移植されたのである(ただし販売・開発はファルコムでは無い)。

しかしこの移植は単純な移植では無く、X68000の性能を活かしてSTGパートを「遊べる」本格的なSTGに進化させ、かわりに余り意味の無かったADVパートをバッサリ切り、通常のSTGのようにステージを順にクリアして行き、そのステージの間にストーリーデモが入るというように改良した。

これは本来の「スタートレーダー」の目指した形としては違うのかもしれないが、本作のジャンルが仮にもSTGである以上、STGとして完成度の高い方が良いのではないだろうか?と私は思ってしまうのだが、みなさんはどう思うであろうか?
では最後に「スタートレーダー」PC-98版とX68000版のプレイ動画を紹介して締めたいと思う。


(PC-98版)


(X68000版)


↓ブログランキングに参加してます。クリックして頂くと私の「やる気」がアップします。
にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ